このページの本文へ

ドン・キホーテ、3万円台の液晶一体型PCを発表

2019年10月09日 18時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドン・キホーテは10月9日、プライベートブランド「情熱価格」において、液晶一体型PC「MONIPA(モニパ)」を発表した。販売開始は10月11日から順次で、販売は全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)。価格は3万2780円。

 最大2TBまでのHDDあるいはSSD(7mm厚2.5インチのSATA接続)の増設に対応している。microSDカードスロット(最大128GBまで対応)も備えた。

 Microsoft Officeとの互換性も高い、ワープロ、表計算、プレゼンテーションの3つのソフトをセットした「Kingsoft WPS Office」を搭載。マウスとキーボードも付属する。

 ディスプレーサイズは21.5型。解像度は1920×1080ドット。スペックはCPUがAMD A4-7210、グラフィックスはAMD Radeon R3 グラフィックス、メモリーは4GB、ストレージは64GB eMMC。インターフェースはUSB 3.0×2、USB 2.0×3、HDMI×1など。サイズは約幅495×奥行き139×高さ372mm。重量は約2600g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン