このページの本文へ

せんべろが止まらない!第34回

サイゼリヤは消費増税後も価格据え置き

サイゼリヤありがとう! 実質値下げでちょい飲みも安いままでつまり最高!!

2019年10月04日 19時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
サイゼリヤは税込額据え置き! ちょい飲みも安いです。

 ごきげんよう。アスキーの酒好き記者ナベコです。涼しくなって、すり抜ける風が心地いい季節になりましたね~。秋もお酒を楽しみたいと思います。

 せんべろ。それは現代社会の癒しです。1000円程度の予算で飲める店のことや、1000円程度の低予算で飲みに行く行為を言います。

 この連載では、チェーン店を中心に1000円程度の予算でちょい飲みできる店をレビュー。居酒屋、ファストフードといったジャンルは特に定めていないので、オススメがあったらぜひ教えてくださいね!

 今回は「サイゼリヤ」でちょい飲みしてきましたよ!

(行った店)
「サイゼリヤ」

・ジャンル:イタリアンレストラン
https://www.saizeriya.co.jp/

※取材した店舗をもとに記事を作っています。同じチェーン店でも店舗ごとによってメニューの内容や価格、環境が異なる可能性もありますのでご了承ください。なお、記事中の価格は税込表記です。

サイゼリヤありがとう!
消費増税後も値段据え置き

 増税でついに消費税が10%に。テイクアウトの飲食料品には軽減税率が適用されますが、外食はもろにかかってきます。

 そんな中、イタリアンレストラン「サイゼリヤ」は、税込価格を据え置き。つまり、本体額を実質2%値下げしました。ミラノ風ドリアは税込299円のまま、「ペペロンチーノ」も税込299円のままです! ブラーヴォ!

 そんなサイゼリヤさんに感謝の気持ちを表して、さっそく飲んできました!

(チョイスしたのはコレ!)

・「辛味チキン」299円


・「柔らか青豆の温サラダ」199円


・「削りたてペコリーノチーズ」100円


・「デカンタワイン(白)」200円

・「デカンタワイン(赤)」200円

こんなに頼んでも1000円

 人気ナンバーワンという「辛味チキン」に「青豆の温サラダ」、トッピングの「ペコリーノチーズ」、デカンタワインの赤白両方(合わせて500g)。合計額は税込998円。こんなに頼んで1000円以内です。安いっ!

チキン+サラダ+デカンタワイン2つで、約1000円! 安っ。

 お手頃価格なので、お財布事情的にも心穏やかにお酒を飲めます。ヒパヒパ~! グビグビ~! ブォーノーー!

 グラスワインよりデカンタのほうがお得。交互に飲みたく赤白のデカンタを同時に注文しました。

 まずは「デカンタワイン(白)」。

サイゼのワインは、安いのにおいしい。

 250ml容量で200円です。ツーンとした酸味があって後味キリッと。フルーティーだけど、甘すぎない、というのが私としては好感。飲み飽きないし、食事に合います。

 圧倒的な安さなのに、ちゃんとおいしいのがスゴイところ。

 サイゼリヤのハウスワインは、イタリアの産地と直接契約し、低温コンテナで運んでくるなど、低価格ながらも品質はしっかりとしています。そんなところがちゃんとお客さんにウケているようで、イタリアンレストランとしてワインの消費量が国内ナンバーワンだそうで。私もサイゼのワイン、気取らない中にも品の良さが感じられて好きです。

 「辛味チキン」は5個入りで299円。

 鶏手羽にスパイシーな衣をつけて、パリッと仕上げた一品。アツアツの状態で提供してくれました。フォークを使うのももどかしく、直接指でつまんでガブッ。脂がぶしゅっと溢れてきて、おいし~!

柔らかくてジューシー。程よいスパイシーさです。

 小ぶりですが、柔らかくジューシー。ワインのおつまみにぴったりです。

 スパイスは、赤い衣の色から想像するよりもマイルド。そこまで辛くないので、お子さんでも安心して食べられそう。衣が薄いというのも上品です。そんなに“ジャンク”ではない。

人気ナンバーワン。

 約300円という安さがキモ。コンビニで揚げ物などを2個くらい買うと、同じくらいするじゃないですか。比較してもめちゃコスパよい気がします。人気ナンバーワンなのは納得!

 ナベコ今日、辛味チキンで飛べるぞ。

 もう一方のおつまみは「柔らか青豆の温サラダ」。

 メニューでもオススメされている。アレンジ、「削りたてペコリーノチーズ」をトッピングしてみました。合わせて299円。

別売りのチーズを頼みました。
トッピング。

 削りたてのチーズはふわふわで見た目的にも豪華に。

白い雪がのったよう。

 ペコリーノチーズのほのかな香り。

 食べてみると、なるほど~。リッチな感じになりました。

 温サラダは、豆の青い風味が感じられる優しいテイスト。チーズの発酵食品らしいマイルドさが重なることで、奥行きが広がります。ベーコンの塩気や、半熟玉子のとろみも良い具合。

「グルメミル」をかけると味がひきしまります。

 ドリンクバースペースにあった「グルメミル」(胡椒)をかけると、輪郭がくっきりして、よりそそる味わいになりました! グルメミルは、店員さんに言うと提供してもらえます。

ワインが進む!

 ちなみに今回トッピングしたペコリーノチーズは、羊のチーズ。羊の一大産地であるサルディーニャ島のメーカーから仕入れているそう。塩分や熟成度合いもオリジナル調整しているとか。羊のチーズって珍しいですよね。サイゼスペックなにげにスゴイ。

 もちろん、赤ワインも飲み干しました。

赤ワインは飲みごたえ〇

 サイゼの赤ワインはミディアムボディでタンニンもほどよく感じられます。味が濃い料理にも合いますよ!

 ワインが250mlで200円って、ほんとに安い。スーパーとかでワインを買うより、安く済みそうですもの。

サイゼ飲みは安くおいしくてステキすぎる

(お会計)
「辛味チキン」299円
「柔らか青豆の温サラダ」199円
「削りたてペコリーノチーズ」100円
「デカンタワイン(白)」200円
「デカンタワイン(赤)」200円
―――
・・・合計998円

 お肉とサラダを食べつつ、デカンタワインを2つ飲んで、しっかり酔えました。気持ちよかった。ごちそうさま~!

「安さ」と「おいしさ」が揃っているとは。フェリーチェ~(イタリア語で幸せ)。

 マジで、料理がおいしい。この安さなのにびっくりするくらいレベルが高いです。それとワインも、お手頃なのに、キリッとした本場の味で、料理と合わせていくらでも飲めちゃう。安くておいしくて、ひとりで飲むにはうってつけ。実質値下げという心意気にもグッときます。ありがとう、サイゼ。これからファンで居続けるよ。でも、無理はしないでね、ずっとサイゼで続けてほしいから。



■ナベコに行ってみてほしいお店があったら教えてください

 酒好き記者ナベコにせんべろして欲しいお店があったら教えてください。ナベコTwitter(@wagomunabe)に教えてください。Facebookもやっています!


ナベコ

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。
ビール、日本酒、ワイン、ウイスキー、レモンサワー、ホッピー、アルコール全般が大好き。お酒に合う塩分高めの食事も。
「アスキーグルメ」でおいしい飲食情報を発信中!

※記事中の表示価格は税込です。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧