このページの本文へ

ガスト、ジョナサンの「お1人様用ボックス席」はノマドワーカーの天国に?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

昨今、オフィス以外のさまざまな場所で仕事をする「ノマドワーカー」が増えている。彼らにとって電源とWi-Fiが確保され、集中して仕事に取り組める環境は楽園だ。そんななか、すかいらーくグループが展開するファミリーレストラン「ガスト」と「ジョナサン」のいくつかの店舗に、「おひとり様用ボックス席」が導入されている。1人用ボックス席はノマドワーカーに定着するのだろうか。(清談社 ますだポム子)

プライベート空間が保たれるため
1人でも来店しやすくなった

ガストの1人用ボックス席
充電用コンセントやWi-Fiも完備、荷物置きなども充実しているため、テーブルは広々と使える

 近年、ライフスタイルの変化に伴い、ファミリーレストランを1人で利用する人が増えてきている。すかいらーくグループではそうしたユーザーの需要をいち早くくみ取り、東京都や神奈川県を中心に、全国22店舗の「ガスト」と「ジョナサン」に、「おひとり様用ボックス席」を導入した。

 1人掛けの座席というと、これまでもカウンタータイプの席があったが、「おひとり様用ボックス席」は「ボックス席」というだけあり、カウンター席とは違った特徴を持つ。パーティションにより、前後や左右に並ぶ同タイプのシートとの仕切りが明確になっているのだ。そのため、にぎやかなファミリーレストラン内で、半個室のような空間を実現している。

 1人用ボックス席の評判について、すかいらーくホールディングス CEOオフィス広報チームの北浦麻衣さんに話を聞いた。

「ファミリーレストランをおひとりでご利用されるお客様の来店動機は多様化してきています。ランチなどのお食事や、コーヒーブレイクに利用されるほか、仕事場としての利用や、仕事帰りに軽くお酒を飲みに来られたりするお客様もいらっしゃいます。1人掛けでも、ボックス席はプライベート空間の確保がされているため、周りのお客様に気兼ねなく利用していただくことができ、ご好評をいただいております」

 さらに1人用ボックス席の利点を挙げていくと、充電用のコンセントと、無料Wi-Fiが備わっていることも挙げられる。1人で過ごす空き時間を、ネットサーフィンやスマホゲーム、動画視聴の時間に充てる人が多いことを考えると、これらの設備は非常に有り難い。

 また、すかいらーくグループでは、荷物を置くための台や引っ掛けるためのフックも設置。荷物を置いた分、イスやテーブルが狭くなるということがなく、半個室の中を快適に使うことが可能となっている。

ティータイムの売り上げが
2割伸びた店舗も

 充電用のコンセントが設置され、Wi-Fiも完備、机の上も広々使えるというスペースは、近年増加している「ノマドワーカー」にとって、使い勝手の良い環境といえるだろう。さらにファミリーレストランなので、ドリンクバーを頼めば飲み物も格安でおかわりし放題となる。

 コワーキングスペースでもフリードリンクがある場合も多いが、そもそもの利用料が高いことがネック。また、喫茶店なども飲み物1杯の単価が高い。そう考えると、ドリンクバーとサイドメニューの注文で数百円というファミリーレストランはコスパも最高だ。

 さらに、「ガスト」や「ジョナサン」で展開されている1人用ボックス席は、基本的には利用時間の制限もないという(店によって、混雑時は声をかけられる場合もある)。まさにノマドワーカーにとって、夢のような空間だ。

 しかし、ドリンクバーとサイドメニューのみで長時間滞在できるとあれば、最低限の注文のみで席を占拠する、という人もいるのではないか。そうした心配を北浦さんにぶつけると、次のような答えが返ってきた。

「ご利用いただいているお客様は、ドリンクバーのほか、お食事を楽しまれる方が多いですね。さらに、滞在中には追加で注文をしながらくつろがれる方も多くいらっしゃいます」

 むしろ、周りを気にしない座席の作りが居心地の良い空間を実現し、1人での来店や、追加注文のハードルを下げ、結果として来客者数の増加、客単価のアップにつながっているようだ。実際、北浦さんは、「『ガスト新橋店』では、1人用ボックス席の設置前後で、売り上げに大きな変化がありました」と話す。

「『ガスト新橋店』では、改装後にティータイムの売り上げが2割も伸びています。また、他の店舗では、ランチタイムのお客様数が5%上昇したという実績もございます」

 客の滞在時間は、ランチタイムで1時間弱、ティータイムでそれより少し長いくらいが平均だという。この時間、単身客を2人掛けシートではなく1人用ボックス席に案内することで、単身客も、2人以上の来客も、確実に案内をすることができる。1人用ボックス席は回転率を上げ、客の取りこぼしを減らす意味合いもあるようだ。

周囲を気にせず快適に作業が可能
しかし、普及は難しい…?

 実際に1人用ボックス席がある店舗に足を運んでみると、確かに、席そのものの配置と、目線の高さのパーティションのおかげで、作業に没頭することができた。また、結構な大荷物で来店したのだが、足元の荷物置きにすべてを置くことができたので、机上には、ドリンクバーのコップ2つと、ピザのお皿、それからPCにスマホを広げても余裕があった。

 しかし、気になる点もいくつかある。まず、Wi-Fiが不安定な点だ。これは、Wi-Fiとパソコンの相性や、店の立地(筆者が訪れた店舗が地下にあったため)も関係しているのかもしれないが、接続が頻繁に切れてしまうのはいささかストレスを感じてしまう。とはいえ、すかいらーくグループの Wi-Fiは7月25日にリニューアルされ、認証がワンタップ化し、時間も無制限で利用可能になるなど、簡便化が進んでいる。安定したネット環境が重要なノマドワーカーは自前のWi-Fiを持ち歩く方が安心できるかもしれないが、数十分滞在するだけなら申し分なく快適といえるだろう。

 むしろ最大のネックは、座席数が少ないことだ。そもそも設置店舗が少ない上、今回筆者が訪れたいくつかの店舗は、3~5席程度のところがほとんど。時間帯によっては満席で、いつ空くかも分からない状況だった。

 ノマドワーカーにとって使い勝手も良く、集中でき、そのうえコスパも良好なことは素晴らしいが、「行けば席が必ずある」という状況でなければ、移動時間や待ち時間がロスタイムとなってしまう。実際に筆者も、最初に訪れた店舗が満席で、その後訪れた店舗でも数十分待ってから案内された。

 この座席数の問題さえ解決されれば、「ガスト」や「ジョナサン」の1人用ボックス席はノマドワーカーにとって最高のノマドスポットとなり得るが、現実問題としては難しそうだ。北浦さんは今後の展開についてこう語る。

「週末になるとご家族連れでの来店が増えるなど、お客様の層が平日と異なりますので、平日用と週末用で、席の配置を柔軟に組み替えられる店内レイアウトを進めています。お客様のご要望や、ご利用シーンに応じて今後も改善を重ねていきたいと考えておりますので、ニーズがある店舗には導入を検討してまいりますが、今のところは全店に1人用ボックス席を設置する、といった予定はございません」

 1人用ボックス席という“天国”の普及には、まだまだハードルが高いようである。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ