このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第305回

写真の素人ほど恩恵が大きい! 買って大満足な「iPhone 11 Pro Max」

2019年10月02日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アラームまでかけて速攻予約したことで、9月20日に「iPhone 11 Pro Max」をゲットできた。「iPhone XS Max」からの乗り換えだ。1週間ほど使い倒して、いい点悪い点をチェックしてみた。今回はiPhone 11シリーズの購入を検討しているが、いまいち買い換えに踏み切れない、と言う人の背中を押す内容になっている。

暗いバーの中でもこんな写真が撮れるiPhone 11 Pro Maxのナイトモードはプライスレス

充電器の強化はうれしいポイント!
保護ガラスはiPhone XS Maxの余りを流用した

 今回、新しい「Apple Watch」や「iPad」も欲しいので、iPhoneは安く済ませるか購入を見送ろうかと考えていたのだが、3眼カメラということで食指を動かされた。そこで「iPhone 11 Pro Max」の256GBモデルを購入した。カラーはゴールドで価格は14万6664円だった。

 端末はやはりカメラ推しのようで、これまでのiPhoneの化粧箱上面にはディスプレイ面が印刷されていたのに、「iPhone 11 Pro Max」は背面になっていた。もちろん、箱を開けたときもカメラが上に来るように収納されていた。

iPhone 11 Pro Maxのケースを開いたところ

格好いいわけではないが、3眼カメラのインパクトは大きい

 USB端子は残念ながら相変わらずのLightning端子だが、付属の充電器はUSB Type-Cの18Wタイプとなっている。従来の5Wタイプと比べると、3.6倍もの出力で急速充電できる。ちなみに、Qi対応機器でのワイヤレス充電にも対応している。

18W出力の急速充電器が付属するようになったのは素直にうれしいところ

ワイヤレス充電ももちろんできる

 背面は磨りガラスになっており、指紋が付きにくくなっている。ゴールド感は損なわれておらず、高級感はバッチリ。ただ、筆者の大型スマホの使い方では、背面に装着するリングが必須。とは言え、撮影に利用することもあるので、端末に貼り付けるタイプは使えない。そこで、Amazonで見つけたリング付ケースを購入した。ゴールドは好きなので、もちろんクリアタイプだ。

 蛇足になるが、ケースが届くまで、端末を裸で使っていたのだが、背面の磨りガラスに触れている指に、粉っぽい感じがあり、しょっちゅう手を拭いていた。もちろん、粉などが付くわけはないので感覚だけなのだが、個人的には指紋が付いてもいいので光沢タイプの方が好みだった。そのため、クリアケースもイヤイヤと言うよりは、結果オーライとなった。

端末保護のためと操作性向上のため、リング付のクリアタイプカバーを装着した

 ディスプレーを傷つけないために、保護ガラスも購入しようとしたのだが「iPhone XS Max」と共用できることが判明。それなら、以前買った余りを流用できそう、ということで貼ったところ、問題なし。出費を抑えられてラッキーだった。

「iPhone XS Max」用の保護ガラスを「iPhone 11 Pro Max」に流用できた

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中