このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

NO MORE LED!Pro WSマザーでまったく光らないPCを自作してみた

2019年09月21日 10時00分更新

文● 松野将太 編集●ジサトライッペイ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSのワークステーション向けマザーボード「Pro WS C246-ACE」は、ディープラーニングやアニメーション制作、3Dレンダリングといった用途のPC向けに設計された製品だ。プロフェッショナルの使用を想定しているということで、高い安定性はもちろんのこと、集中管理ソフトウェア「ASUS Control Center Express」なども付属する汎用性の高さが魅力と言えるだろう。

 この記事では「Pro WS C246-ACE」の外観やスペック、機能などを紹介していく。

シンプルな高耐久設計、質実剛健のワークステーション向けマザーボード

「Pro WS C246-ACE」。実売価格は税込みで2万5700円前後

 「Pro WS C246-ACE」はASUSのワークステーション向けブランド「Pro Workstation」シリーズに属する製品。同ブランドの製品は、いずれも高負荷な業務用アプリの長時間稼働を前提として開発されているため、法人はもちろん、個人でもそうしたPCを組み上げたい場合は選択肢に挙がるだろう。集中管理ソフトウェア「ASUS Control Center Express」が付属することから、中小企業やSOHOの現場での活用も考えられる。

AMDプラットフォーム向けの「Pro WS X570-ACE」も並行して販売中。実売価格は税込みで3万3500円前後とIntelプラットフォームと比べるとやや高価だ

 余談だが、AMDプラットフォーム向けの製品も用意されており、最新世代ではX570チップセット向けの「Pro WS X570-ACE」が挙げられる。「Ryzen 7 3900X」などを活用したい場合は、こちらを選ぶといいだろう。

CPUソケットはLGA 1151。第9世代CoreプロセッサーやXeon E-2200ファミリーを搭載できる
CPU補助電源コネクターは、インピーダンスを下げて高耐久を実現した「ProCool II」
VRMヒートシンクはワークステーション系マザーボードらしく非常にシンプル

 話を「Pro WS C246-ACE」に戻すと、本製品のソケットはLGA 1151。最大8コア/16スレッドの第9世代Coreプロセッサー、同じくCoffee Lake RefreshのXeon E-2200ファミリーなどを搭載できる。VRM部にはDr.Mos準拠のパワーデバイスを採用し、8+1フェーズの電源回路により安定した電力供給が可能。また、CPU補助電源コネクターに高耐久の「ProCool II」を採用するなど、長時間の稼働にも耐えられるよう設計されている。

メモリースロットは片ラッチ仕様で、最大128GB(DDR4-2666×4)に対応。ECCメモリーにも対応する
SATA 3.0コネクターの横にはU.2のコネクターを備える

 対応メモリーは最大128GB(DDR4-2666×4まで)で、ワークステーションらしくECCメモリーにも対応。サーバー用途でPCを運用する場合、エラー訂正が可能なECCメモリーと合わせて利用するといいだろう。

 ストレージはSATA 3.0(6Gbps)ポート×4のほか、PCIe 3.0×4対応とPCIe 3.0×2対応のM.2スロットをそれぞれ備える。また、U.2コネクターも1基搭載し、対応するNVMe SSDを接続できる。

拡張スロットは計3本で、上の2段がPCIe 3.0×16対応。金属補強されたセーフスロットだ

 拡張スロットはPCIe 3.0×16スロットが3本(内、上段2本のスロットは×16またはdual×8動作、最下段スロットは最大でPCIe 3.0×2接続)、PCIe 3.0×1スロットは2本で、マルチグラフィックスはAMD 2-Way CrossFireXにのみ対応している。3本のPCIe 3.0×16スロットの内、上段2本が金属補強したセーフスロットだ。

Intel製デュアルLANを採用。チーミングも使用できる
ASUSの「Node」コネクターも搭載。対応デバイスを接続できる

 インターフェースで特徴的なのは、2系統のIntelの有線LANコネクターを備える点だろう。1000BASE-Tに対応する「Intel I210-AT」と「Intel I219-LM」が採用されており、拡張ネットワークカードなしでも複数の有線LANコネクターを利用できるほか、チーミングでの運用も可能だ。

 もう1つ、ワークステーション向け製品らしいポイントとしては、昨今のコンシューマー向け製品では当たり前になりつつあるライトアップ用のコネクターがまったく用意されていない点だ。ワークステーションをライトアップする需要は限りなく低いと思うが、必要なら電源ユニットから電力供給するなど、別の方法を考える必要がある。

 実売価格は税込み2万5700円前後と、コンシューマー向け製品に比べて特別高価というわけではない。先に述べた通り、高負荷なアプリを起動したまま連続稼働させ続けるような運用が想定されるため、高耐久なPCを組みたいというユーザー、シンプルなデザインで質実剛健な製品が欲しいというユーザーにおすすめしたい。ただし、耐久性が高いとはいえ、オーバークロックなどのいわゆるエクストリーム用途向けの設計ではないため、そういった機能を求めるならハイエンドなゲーミングマザーボードを選ぶほうが満足感は高いだろう。

前へ 1 2 次へ