このページの本文へ

東京ゲームショウ2019レポート第55回

東京ゲームショウ2019でぜひ訪れたいVIVEを使った厳選5ブース

2019年09月14日 22時30分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月12日から15日にかけて幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2019では、今年もVR/ARコーナーが設けられており、関連各社が最新VRコンテンツやデバイスを展示している。本記事ではそのなかから展示にHTCのVRデバイス「VIVE」を使用しているブースを厳選し、その注目の展示内容についてご紹介しよう!

東京ゲームショウ2019「VR/ARコーナー」は国際展示場9〜11ホールに開設されている

 最初に訪れておきたいのがアイトラッキング技術を開発、提供しているTobiiのブース。このブースではTobiiのアイトラッキング技術を採用した「VIVE Pro Eye」を実際に体験できる。体験可能なのは技術デモだが、実際に試してみると初回設定がスムーズで、視線の動きを滑らかに認識するのに驚かされる。対応VRコンテンツが増えることに期待したい。

東京ゲームショウ2019「tobii」ブース(ブース番号:9-E16)
「VIVE Pro Eye」のセンサー(フロントカメラ)は青い円で縁取られている
目の動きを意識しなくても、自然に視線を向ければ対象が選択される。FPSゲームなどでアイトラッキングを利用できれば無双できそうだ

 匠ブースで出展されていたのが、歩行動作をVRデバイスに追加する「KAT Walk mini」と「KAT loco」。「KAT Walk mini」はハーネス、安全ベルトで固定する筐体タイプで歩く、座る、走る、かがむ動作が可能。

「KAT loco」は両足と腰にセンサーを装着する小型歩行デバイスで、設置スペースが狭くてもOK。「KAT Walk mini」は約60万円ですでに発売済み。「KAT loco」の発売時期は年内予定で、価格は未定。エントリー向けのVR歩行デバイスとして、できるだけ安価にリリースしてほしいところだ。

東京ゲームショウ2019「匠」ブース(ブース番号:9-E12)
ハーネス、安全ベルトで固定する「KAT Walk mini」。試した方によれば、自由に歩き回るためには慣れが必要とのこと
両足と腰にセンサーを装着する「KAT loco」。下に敷いてあるマットは移動する範囲を足に伝わる感触で限定するためのものだ

「KAT Walk mini」、「KAT loco」と同じく歩行デバイスだが、異なるアプローチで製品化しているのが「Cybershoes」。これは回転する椅子に座って使用するVR歩行デバイスで、サンダルを履くように装着。トラッキングには底面のローラーが使用されている。すでに販売が開始されており、直販サイトから3万2236円で購入可能だ。

東京ゲームショウ2019「Cybershoes」ブース(ブース番号:9-E28)
Cybershoesは足を乗せてから、足首をベルトで固定する。底面にはトラッキング用のローラーが用意されている
椅子に座って歩行動作を行なうため、安全性は高そうだ

 一風変わったVRデバイス用スーツを出展していたのがKeio-NUTS CUTE Centerのブース。「VIVE Pro」の前面に熱風と香りを出すブロワー、スーツの首回りには熱風のみを出すブロワーが装備されており、VRコンテンツのストーリー進行に合わせて香りと熱風を出して、よりリアルなVR体験を実現する。

 今回の展示では、狐火を見つけ、魔法の消化器で退治する「迷い狐火」というVRコンテンツを体験できるぞ。

東京ゲームショウ2019「Keio-NUTS CUTE Center」ブース(ブース番号:9-A48)
「VIVE Pro」の前面には熱風と香りを出すブロワー、スーツの首回りには熱風のみを出すブロワーが装備。またスーツ前面にはVIVEトラッカーが装着されている
本物の狐火には熱があり、攻撃すると匂いを出す。偽物の狐火は熱がなく、匂いもない。偽物の狐火を攻撃し続けると爆発する。つまり今回のデバイスは狐火専用退治スーツというわけだ

 最後にご紹介するのは「VIVE Pro」と「VIVEトラッカー」でプレイする異色のリズムゲーム「やまびこ狂言アフロ」。これはプロディジが前進座とコラボして製作したVRコンテンツ。

 目の前に現れるアフロ狂言師のセリフと動きを、そっくりそのままトレースするのだが、なかなか難しく、そしてちょっと恥ずかしい。知人と一緒にブースを訪れて、声援を受けながらプレイすることをオススメする。

東京ゲームショウ2019「株式会社プロディジ with 前進座」ブース(ブース番号:9-E31)
アフロ狂言師の動きがキレッキレなので、トレースするのは結構ハードモードだ
セリフも早口言葉っぽいものがあり難易度高め。まずはほかの方のプレイを見て、セリフを予習しておこう

 VR/ARコーナーは前年より狭くなった感があるが、それでも多くの関連メーカーがVRコンテンツ、デバイスを出展している。最新VR事情をチェックするためにも、ぜひ東京ゲームショウ2019のVR/ARコーナーに突撃しよう!

●関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
HTC VIVE Facebookページ