このページの本文へ

IFA 2019レポート第16回

個性派続々! IFA2019で注目の完全ワイヤレスイヤホンたち

2019年09月08日 09時00分更新

文● 折原一也 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IFA2019ではワイヤレスイヤホンに関連する出展も豊富だ。IFAと関連イベントの会場内で見つけた完全ワイヤレスイヤホンをピックアップして紹介していこう。

モトローラは完全ワイヤレスにも
ワイヤレスにも有線にもなるイヤホン

 モトローラが出展していたのが、3パターンの使い方ができる完全ワイヤレスイヤホン「TECH3」だ。一見すると有線イヤホンだが、ケーブルの継ぎ目にあたる部分を外すとワイヤレスイヤホンに変化。さらに、ケーブルとイヤホンの継ぎ目にあたる部分も外すと完全ワイヤレスイヤホンとしても使えてしまうという、3つのスタイルで楽しめる。充電は完全ワイヤレスイヤホンと同じ充電ケースを用いるが、ケーブルを巻きつけられる仕組みだ。

一見すると有線イヤホンの「TECH3」
ケーブル途中から外すと左右つながっているワイヤレスイヤホンに
イヤホンの根元部分外すと完全ワイヤレス化
充電は充電ケース仕様でケース巻取りも可能

 「TECH3」は完全ワイヤレス、ワイヤレス時の本体は7時間の音楽再生ができ、充電ケースとあわせて最大18時間再生。クックチャージにも対応している。欧州では秋発売で99.99ユーロを予定しているとのこと。

アディダスブランドのスポーツイヤホン・ヘッドホン

 スポーツブランドでおなじみのアデイダスが、Zound Industries社と共同で開発したスポーツ用のイヤホン・ヘッドホンもIFA2019の会場に展示されていた。

 ワイヤレスイヤホンの「FWD-01」は、インナーイヤー型。スポーツブランドらしいファブリックの耐久性ある素材に、イヤホンの素材部分が外の音を取り込める設計。連続再生時間は16時間以上。IPX4の防水に対応している。

アディダスブランドのワイヤレスイヤホン「FWD-01」
ファブリック素材のケーブルが特徴

 ワイヤレスヘッドホン「RPT-01」も登場。こちらは連続40時間以上の再生ができるモデル表面のファブリック素材は取り外し可能なカバーになっており、汗で汚れた時にも洗濯できる仕様とっているとのこと。IPX4の防水に対応している。

スポーツ用に360度曲げられる「RPT-01」ワイヤレスヘッドホン
表面のファブリックのカバーは交換可能な設計

プラントロニクスのスポーツ向けヘッドホンに新モデル

 プラントロニクスは、同社の完全ワイヤレスイヤホン「BackBeat」の新モデルを披露。フックの付いた完全ワイヤレスイヤホンには、カナル型で遮音性のある「BackBeat FIT 3200」、オープンイヤー型の「BackBeat FIT 3150」(149.99ユーロ、約1万6000円)が登場。イヤホンの遮音性部分以外は共通でIP57相当の防塵防水仕様で、充電ケースとあわせて最大24時間再生とのこと。

プラントロニクスからフック付きの完全ワイヤレス2機種が登場
カナル型のイヤーピースの「BackBeat FIT 3200」
オープンイヤー型の「BackBeat FIT 3150」

 通常の音楽リスニングをメインに想定した「BackBeat PRO 5100」も登場。IPX4の防水対応で、充電ケースと合わせて最大19時間再生、179.99ユーロ(約2万1000円)で発売を予定。

音楽リスニング用完全ワイヤレス「BackBeat PRO 5100」も登場

リブラトーンからノイズキャンセル対応完全ワイヤレスが登場!?

 デンマークのオーディオブランド「Libratone」は、同社初の完全ワイヤレスイヤホン「TRACK Air」「TRACK Air+」2機種を披露。最大の特徴は「TRACK Air+」に搭載されている「スマートノイズキャンセリング機能」で、周囲の騒音に応じて、NC効果を調整する機能があるとしており、完全ワイヤレスイヤホンとして貴重なノイズキャンセル対応モデルとなる。「TRACK Air+」が199ユーロ(約2万4000円)で、ノイズキャンセルを搭載していない「TRACK Air」が159ユーロ(約1万9000円)とのこと。

ノイズキャンセル対応の完全ワイヤレスイヤホン「TRACK Air+」
完全ワイヤレスイヤホン「TRACK Air」

Jabraの完全ワイヤレスに新世代機が追加

 Jabraからは完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「Elite 75t」が登場。アメリカで先行して発売されるモデルで、10月に発売予定。従来の「Elite 65t」と比べ20%小型化したことが特徴で、装着性もアップ。連続再生時間はイヤホン単体で7.5時間に延長。防水・防塵性能はIP55となる。Jabraの特徴である通話マイクの品質は、イヤホン本体には4つのマイクを搭載しており、音質を向上させており、定番モデルとなりそうだ。

Jabraによる完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「Elite 75t」
小型化とバッテリー性能を向上

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン