このページの本文へ

ビジネス用途のほか、アウトドアや自宅などのパーソナル用途でも利用可能

単体でウェブブラウジングが可能なミニプロジェクター、キヤノンより

2019年08月26日 19時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンマーケティングジャパンは8月26日、小型・軽量プロジェクターの新製品として、 パソコンなしでもウェブブラウジングが可能な「ミニプロジェクター C-13W」を発表。10月上旬に発売する。

 ウェブブラウザーやWi-Fi機能、バッテリーも内蔵しており、Wi-Fi環境があれば単体でウェブ表示が可能。内蔵メモリー(4GB)やUSBメモリー、MicroSDカードに記録したファイルを表示する機能も備えており、外出先でのプレゼンテーションやオープンスペースでの会議、工事現場での作業工程確認など各種ビジネス用途、アウトドアといったパーソナル用途にも利用できるとしている。

上面にはタッチパッドを装備 

 表示素子はDMD、光源にはRGB LEDを採用、明るさは130ルーメン(ACアダプター接続時)。表示解像度は854×480ドット、映像入力としてHDMI端子も備える。内蔵電池で最大およそ2時間の利用が可能なほか、スマホ充電機能も持つ。本体サイズはおよそ幅120×奥行き120×高さ33mm、重量およそ410g。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン