このページの本文へ

上海問屋「日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード Gateron青軸」

クセになる打鍵感が特徴のメカニカル日本語73キーボード

2019年08月16日 22時48分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゲーミングと快適な文字入力にこだわり抜いたという日本語配列のメカニカルキーボード「日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード Gateron青軸」(型番:DN-915850)が上海問屋から発売された。

日本語配列のメカニカルキーボード「日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード Gateron青軸」

 2018年12月に発売された「日本語73キー コンパクトメカニカルキーボード」のバリエーションモデル。スイッチ感触がクリッキーなタイプのGateron青軸となりLEDカラーがイエローに変更された。

省スペース性と入力のしやすさのバランスを重視したという変則73キーを採用する

 配列は省スペース性と入力のしやすさのバランスを重視したという変則73キーを採用。ファンクションキーなしのコンパクトサイズでありながらもスムーズな日本語入力が行なえる。

 また、FPSやMMOゲームで必須のNキーロールオーバーやアンチゴースト機能に対応するほか、WindowsキーのロックやDIPスイッチによる配列の変更など好みに合わせたカスタマイズが可能。

クセになる打鍵感というGateron青軸を採用

 そのほかキーピッチは19mm、サイズは104(D)×337(W)×37(H)mm、重量は約546g。対応OSはWindows7/8/10(Windows用の配列ながらMacでの使用も可能)。価格は4780円。ドスパラ秋葉原別館で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ