このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

オーディオメーカーとしてのアップルの底力を感じる

アップル本気 スマートスピーカー「HomePod」日本登場実機レビュー

2019年08月13日 09時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アップル「HomePod」3万5424円

 アップルはスマートスピーカー「HomePod」を日本では夏に予約受付を開始と公表した。2018年2月9日からアメリカ、イギリス、オーストラリアですでに販売を開始していたので、およそ1年半ほどの遅れでようやく日本でも利用可能になる。実機をもとにした、おさらいを兼ねたレビューをお届けしよう。

HomePodのパッケージ

シンプルさを突き詰めたようなプロダクトデザイン

 HomePodは、アップルが開発したスマートスピーカーだ。アップル自身はニュースリリースや製品公式サイトで「ホームミュージックスピーカー」または単に「スピーカー」と表現しているが、音声アシスタント「Siri」を使って、音楽を再生したり、ニュースや天気などの情報をチェックしたり、スマートホーム機器をコントロールする機能を備えている。

HomePodには電源ケーブルが直結されている。電源ケーブルの長さは実測約180cm。パッケージにはほかにマニュアルのみが同梱されている
マニュアルは、クイックスタートガイド、HomePod情報、Apple製品1年限定保証の概要で構成。オマケのステッカーも含まれている

 HomePodの本体サイズは高さ172mm、直径142mm、重量は約2.5kg。今回はスペースグレイモデルをテストしているが、このほかにホワイトモデルも用意されている。前述の通り電源ケーブルは直結されており、電源ボタンは存在しない。

本体前面。高さは172mm、直径は142mm本体背面。実測約180cmの電源ケーブルは本体に直結されている。電源ボタンは用意されていない

 シンプルさを突き詰めたようなプロダクトデザインだ。ただし上部にはタッチ対応の円形ディスプレーが用意されており、中央タッチでSiriを起動したり、ボリュームアイコンが表示されているときには音量を調整できる。

本体底面にはアップルのロゴマークが隠されている本体天面はタッチ対応の円形ディスプレーが配置されている
電源ケーブルを含めた本体重量は実測2505g

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中