このページの本文へ

【2019au秋冬スマホ】折りたたみ型のGalaxy FoldにXperia 5/8も!第4回

Sペンの機能が向上して4眼カメラ搭載「Galaxy Note10+」

2019年10月10日 14時00分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Sペンのジェスチャーでリモート操作も!
「Galaxy Note10+」

 本物のペンで書いてるような書き心地と大画面、ハイスペックでビジネスマンに大人気の「Galaxy Note」シリーズ。Sペンの機能が向上し、カメラが4眼になった最新モデル「Galaxy Note10+」(サムスン電子製)がauの秋冬モデルとして登場する。発売日は10月18日を予定しており、価格は11万円台。グローバルではスタンダードモデルのGalaxy Note10があるが、auからは上位モデルのみのリリースとなる。

 ディスプレーは画面占有率94%以上を誇る6.8型(1440×3040ドット、アスペクト比19:9)のベゼルレスデザインを採用。インカメラのパンチホール型ノッチだけなので、没入感を削がれることはない。

 スペックはSoCにSnapdragon 855、メモリー12GB、256GBを搭載。バッテリーは4300mAhでOSはAndroid 9を採用している。本体サイズは約77×162×7.9mm、重さは197g。Sペンを内蔵するため多少重くなっているが、それでも200g以下で薄さが7.9mmとギリギリまで絞っている。カラバリはオーラグローとオーラブラックの2色。

 ついに4眼になったカメラはアウト側が1600万画素(超広角、F2.2)+1200万画素(広角、F1.5/2.4)+1200万画素(望遠、F2.1)+TOFカメラ(深度測位用)という構成。インカメラはシングルだが1000万画素(広角、F2.2)を搭載する。

 新しいカメラ機能として「オーディオズーム」がある。これは被写体をズームすると、ズームした方向からの音にフォーカスして動画録音を開始する。また、TOFカメラを搭載したことによって、より自然な奥行き感のあるボケを再現できるだけでなく、動画にも特殊効果機能を施せる「ライブフォーカス撮影」機能も追加された。

 Noteシリーズ最大の特徴であるSペンは新機能「エアアクション」で、カメラの切り替えや音量調整などがジェスチャーでできるようになった。さらに手書き文字のテキスト化がカンタンになり、書いた文字をタップするだけでテキストファイルにできる。さっと書いたものをすぐに共有できるのは便利。そのほか、文字色の編集などもできるようになり、さらに手書きが楽しく便利になりそうだ。

au「Galaxy Note+ SCV45」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 6.8型有機EL(19:9)
画面解像度 1440×3040ドット
サイズ 約77×162×7.9mm
重量 約197g
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+2.4GHz
+1.7GHz(オクタコア)
メモリー 12GB
内蔵ストレージ 256GB
外部メモリー microSDXC(最大1TB)
OS Android 9
最大通信速度(下り/上り)  
FeliCa
カメラ画素数 アウト:約1200万画素(広角、F2.4/1.5可変)
+約1200万画素(望遠、F2.1)
+約1600万画素(超広角、F値2.2)+TOF
/イン:約1000万画素(広角、F2.2)
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○
バッテリー容量 4300mAh
生体認証 ○(指紋、顔)
連続通話時間 約2520分
連続待受時間 約420時間
USB端子 Type-C
カラバリ オーラグロー、オーラブラック

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン