このページの本文へ

エレコム、メッシュWi-Fiシステムを導入できるe-Meshスターターキットなどが発表

2019年08月06日 14時10分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは8月6日、メッシュWi-Fiシステムを手軽に導入できる、e-Meshスターターキットなど3モデルを発表した。販売開始は8月下旬から。価格は1万390円から。

「WMC-DLGST2-W」「WMC-M1267GST2-W」「WMC-S1267GS2-W」(左から順に)

 「WMC-DLGST2-W」「WMC-M1267GST2-W」「WMC-S1267GS2-W」の3モデルを用意。

 WMC-DLGST2-Wは、e-Meshルーターとe-Mesh専用中継器各1台をセットにしたe-Meshスターターキット。WMC-M1267GST2-Wは、e-Meshルーター単品モデル。WMC-S1267GS2-Wは、追加用のe-Mesh専用中継器単品モデル。スターターキットは電源を入れるだけで、すぐに使用できる。単品モデルも操作が簡単とする。

 全モデルともに、同社が従来の無線ルーター製品で蓄積してきた、さまざまなオリジナル機能を搭載。高速通信を実現するIPv6 IPoEインターネット接続、MU-MIMO、ビームフォーミングZなどの機能も採用する。

 セキュリティー面では、トレンドマイクロの組込み型ネットワークセキュリティーソリューション「Trend Micro Smart Home Network」を搭載。悪質なウェブサイトブロック機能に加え、脆弱性を狙う攻撃、情報漏洩を伴う外部への不正な通信もブロックする。

 アンテナ(本数)は内蔵アンテナ4本。無線伝送速度はIEEE802.11acが最大867Mbps、IEEE802.11nは最大400Mbps、IEEE802.11gは最大54Mbps、IEEE802.11bは最大11Mbps、IEEE802.11aは最大54Mbps。

 価格はWMC-DLGST2-Wが1万9159円、WMC-M1267GST2-Wは1万1081円、WMC-S1267GS2-Wは1万390円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース