このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

使わないのはもったいない! 旬のウェブサービス第2回

ビジネスの効率化におすすめのウェブサービス7

2019年08月14日 12時00分更新

文● 島徹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビジネスの効率化におすすめのウェブサービス7

 ビジネスでシーンでは、スケジュールだけでなく書類や名刺、請求書など、さまざまなデータを素早く管理することが求められる。そこで今回は、多くの人が使うGoogleカレンダーの活用方法と、ビジネスで役立つアプリをご紹介する。

「Googleカレンダー」をもっと効率よく活用しよう

 ふだん何気なく使っているGoogleカレンダーだが、自分の予定を入力するだけにしか使っていないだろうか。実は思ったより多くの情報を登録できるほか、情報共有にも活用できる。

カレンダーを追加して、仕事とプライベートを分ける

 ふだんGoogleカレンダーを使っていて、仕事とプライベートなど生活スタイルによって予定の色を変えられたら便利と思っている人も多いだろう。

 そんな時は、画面左のマイカレンダー欄の“他のカレンダー”の横にある「+」をクリックして、「新しいカレンダー」を追加しよう。メインのカレンダーとは別のカレンダーを作成できる。

 予定を作成するときも、どのカレンダーに予定を登録するかを選べるようになる。予定や生活にメリハリをつけたい人は、複数のカレンダーを使い分けてみよう。

仕事とプライベートのカレンダーを別に用意すれば、生活スケジュールにもメリハリがつく

カレンダーを共有して、予定を効率よく立てよう

 仕事でほかの人とスケジュール合わせが必要な場合、ほかの人と共有するためのカレンダーを作成するのも一つの手だ。マイカレンダーの一覧から、共有したいカレンダーの 名前の右新しいカレンダーを追加したあと、カレンダーの名前の右側をクリックして「設定と共有」をクリックしよう。

 共有する内容によって、予定のある時間帯という情報だけを相手と共有する、または完全に相手に予定の編集を任せるなどの使い方が可能になる。家族との予定の調整にもこの機能は便利に使えるだろう。

共有用のカレンダーを作ったあと、カレンダーの名前の右側のメニューを開いて「設定と共有」をクリック
ほかの人と、カレンダーの内容をどの程度共有するかを設定できる

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン