このページの本文へ

英語音声リアルタイム文字起こしサービス「Otter」にドコモが出資

2020年01月22日 14時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 英語音声から、ほぼリアルタイムで高精度での文字起こししてくれることから、日本でも人気のアプリ「Otter」。この音声認識AIサービスを提供するAISense社(Otter.ai)に、NTTドコモは子会社のNTTドコモ・ベンチャーズを通じて出資したことを発表した。

 Otterはすでに世界100万人以上が利用しているとされ、講演や会議などの長時間の英語音声を自動でテキスト化。複数人のスピーカーがいた場合の音声識別に対応するほか、テキストからのキーワード検索や聞き直し機能など、利便性の高さも特徴。

 ドコモはこのOtterの普及を狙い、日本市場での需要や有効性などを調査。国内企業への導入支援に取り組む。また、機械翻訳サービス「Mirai Translator」を提供するみらい翻訳と連携し、セキュアな環境での高度な翻訳を実現するサービス実現も検討する予定。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン