このページの本文へ

QLC NAND SSDが使える1万3000MB/sオーバーも可能なNVMe RAIDカード

2019年07月13日 23時23分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HighPointから、4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるPCI Express対応のRAIDカード「SSD7103」が発売された。

4枚のNVMe M.2 SSDを搭載できるPCI Express対応のRAIDカード「SSD7103」

 「SSD7103」は、PCI Express(3.0) x4対応のRAIDカード。最大4枚のNVMe SSD搭載に対応し、最高1万3000MB/秒を超える転送速度を実現。高速RAIDドライブを構築できる。

対応RAIDレベルは0/1/10/JBODをサポート。安価なQLC NANDフラッシュモデルが使えるのもうれしい

 昨年発売された「SSD7102」の上位モデルにあたる製品で、QLC NANDフラッシュに正式対応ほか、RAIDレベルにRAID 10が追加され対応RAIDレベルは0/1/10/JBODをサポート。従来通りブート機能も備える。カードは1スロットで長さ213mm。内部には冷却用の50mmファンを搭載する。

 価格は6万4800円(税抜)。オリオスペックで販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中