このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ポタフェス 2019夏 秋葉原 第1回

野村ケンジ氏セレクト、ポタフェス秋葉原の必聴アイテムはこれだ!

2019年07月13日 19時00分更新

文● 野村ケンジ 写真●編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2019年7月13日と14日の2日間、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で開催中の「ポタフェス 2019 夏」。会場で取材中のAVライターの野村ケンジ氏に、絶対聴いておきたいと思える新製品をピックアップしてもらった。会場に脚を運ぶ機会がある人はぜひ参考にしてほしい!

S'NEXTブース「Questyle QPM」 (参考出品)

 ヘッドホンアンプ部の質の高さで定評あるQuestyleより、新しいポータブルデジタルオーディオプレーヤー(DAP)が急遽参考出品された。日本国内では初お披露目となる。4.4mmランス接続端子を搭載したほか、ヘッドホンアンプ周りを一新。本来の力強さを保ちつつ、一段とピュアな心地よいサウンドを聴かせてくれるようになった。発売日は未定。

ZEENY TWS(完全ワイヤレスイヤホン)

 ウェアラブルデバイスとしての機能性を充実させた完全ワイヤレスイヤホン。SNSメッセージのコメントを読み上げてくれるほか、楽曲のタイトル/アーティスト名を読み上げてくれるのもうれしい。ちなみに、読み上げの声はどことなく機械音声っぽさが、かえってかわいげがあるように感じられて好印象を持った。

ゲート「MUIX MX100」 (参考出品)

 MUIXブランド初の完全ワイヤレスイヤホン。低価格モデルでありながら、直径7mmのダイナミック型ドライバーを搭載するなど音質にこだわった作りに仕立てられているのが特徴となっている。肝心のサウンドはというと、「切れがよくメリハリのしっかりしたキャラクター」にまとめられている。ノリのよい演奏が楽しめる。

エミライブース「Fiio M5」(参考出品)

 FiiO製プレーヤーのなかでも末弟に位置するエントリーモデルが登場。マーブルガムの箱と大差ないくらいの、かなりコンパクトサイズにまとめられていてるのが特徴となっている。とはいえ、ハイレゾ音源は、PCM:最大384kHz/32bit(ネイティブは24bit)、DSD:最大5.6MHzまで対応、BluetoothはaptX HDコーデックなどにも対応するなど、上位機種に遜色のない充実したスペックを誇る。シャンリン「M0」が先駆者となる超小型&ハイレゾ対応DAPの世界に、新モデルが登場したのはうれしい限り。今夏発売予定(8月末~9月上旬)。発売が楽しみだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画