このページの本文へ

広角から標準、望遠、マクロまで1台で対応

ライカ、高倍率ズームレンズやバリアングル液晶など使いやすいコンデジ「V-LUX 5」

2019年07月11日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ライカカメラジャパンは7月11日、高倍率ズームレンズやバリアングル液晶を装備するレンズ一体型デジカメ「ライカ V-LUX 5」を発表した。7月下旬発売予定。

 撮像素子に2010万画素の1型MOSセンサーと光学16倍ズームレンズ(35mm換算25~400mm相当、光学式手ブレ補正付き)、有機ELのEVFやタッチパネル付きのバリアングル式3型液晶ディスプレーを装備する。高速AFや高速連写機能に加えて「フォーカス合成」や「フォーカスセレクト」などの各種機能を搭載する。

光学16倍ズームレンズを装備 

 Wi-FiおよびBluetooth機能を搭載し、スマホへの画像転送やリモートシャッター、GPS情報を撮影画像に付与するなど豊富な機能が利用できる。また、USB 2.0(High SPEED)対応のUSB端からの充電機能も備えている。

高精細(およそ236万ドット)な0.39型有機ELビューファインダーを備える

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン