このページの本文へ

導入前アセスメントも実施、最適な製品選択や確実な生産性向上図る「トータルキャプチャーサービス」

PFU、専門家による紙文書入力業務のトータル最適化支援サービス

2019年07月11日 11時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PFUは2019年7月11日、企業の紙文書入力業務における生産性向上を目的に、導入前アセスメントからPoC(実証導入)支援、システム設計/構築、運用/保守、RPAなど他の業務システムとの連携までワンストップで提供する「トータルキャプチャーサービス」の提供を開始した。顧客企業における紙文書業務の実情と目的を精査、事前検証したうえで、多様な業務用イメージスキャナー、複数のOCRエンジン、独自のRPA連携ツールなどを組み合わせ提案。紙文書業務のトータルな最適化を実現し、確実な業務改善と生産性向上につなげる狙い。

PFU「トータルキャプチャーサービス」で提供するサービスメニュー。顧客の必要に応じて選択/利用できる

 PFUではこれまで、業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」OCRソフトウェアの「DynaEye」や「ABBYY」、クラウド型OCRサービスの「PFU Smart Capture Service(PSCS)」、さらにRPAや文書管理システムなども加えた紙文書入力/管理業務ソリューションを提供してきた。

 今回は、こうしたビジネスを通じて紙文書業務に精通したおよそ100名の専門SEによる導入前の「アセスメントサービス」も新たにラインアップし、導入時/導入後の「プロエッショナルサービス」とワンストップで提供できる仕組みを整えた。これにより紙文書業務プロセスの見直しや紙帳票の最適化から、OCRエンジンなど最適な製品の選択、導入後の運用負担軽減までをトータルにカバーする。

紙文書業務の専門ノウハウを持つPFUのSEが業務改善をトータルに支援する

 今回新たにメニュー化されたアセスメントサービスは、「キャプチャーFit&Gapサービス」と「キャプチャーPoC支援サービス」で構成される。

 キャプチャーFit&Gapサービスは、紙文書業務の現状と期待する効果、要件をヒアリングし、簡易診断ツールも用いてPFUからの提案の方向性を決定する。特性の異なる複数のOCRエンジンから最適なものを選択するだけでなく、扱う帳票の種類と数が多い場合には複数のOCRエンジン(定型帳票向け/準定型帳票向け)を組み合わせ、入力自動化範囲の最大化と精度の最適化を両立する提案を行うケースもあるという。

アセスメントサービスの「キャプチャーFit&Gapサービス」概要

 またOCR対象となる帳票をサンプルを預かり、OCRエンジンによる認識結果や期待される精度、認識失敗部分の改善策などを報告書として提出する「簡易事前検証」、現状の紙文書業務フローとOCR導入後の業務フローを検討し、その影響度や採用可否などを評価する「業務分析支援」のサービスも提供される。

キャプチャーFit&Gapサービスのサブメニューとして、サンプル帳票に基づく簡易事前検証サービス、業務フローの見直しと影響度の評価を行う業務分析支援サービスも用意

 もうひとつのキャプチャーPoC支援サービスは、PoC用に業務用スキャナーを無償貸し出しし、OCR製品/サービスの評価版を提供(いずれも最長1カ月間)するもの。トライアル中の有償オプションとして、読み取り精度を最適化するための「帳票定義・チューニング」や、帳票レイアウトの変更案を提案する「帳票最適化提案」も用意している。

 プロフェッショナルサービスでは、システムの設計/構築を行う「インテグレーションサービス」、OCRの帳票定義やチューニングを行う「OCRチューニングサービス」、ユーザーへの操作教育を行う「トレーニングサービス」、運用保守を行う「テクニカルサポートサービス」をラインアップしている。

 さらにオプションとして、業務用スキャナーのサーバー構築や全国拠点への展開支援などを行う「スキャナー導入支援サービス」、OCRと連携して業務システムへのデータ入力を行うRPA環境を整備する「RPA導入支援サービス」も提供する。

 RPAに関しては、PFUのエンジニアが「WinActor」や「UiPath」といったRPA製品の導入を手がけられるほか、OCR結果データを自動補正/補完して業務システムへの自動入力に適したデータに整える「業務コネクター」の開発サービスも提供する。

業務システム/データベースを参照し、OCRで抽出されたデータの自動補正やデータ補完を行ったうえでRPAに渡す「業務コネクター」の開発も可能だ

 トータルキャプチャーサービスの販売価格は個別見積もり。参考価格として、アセスメントサービスが100万円から、プロフェッショナルサービス(インテグレーションサービス)が100万円からとしている。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ