このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Tobiiの視線追跡機能も搭載

ALIENWARE史上最薄15.6型/17.3型ゲーミングノートPC登場、デザインやエアフロ―を刷新

2019年06月28日 19時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ALIENWAREブランド史上最薄をうたうゲーミングノートパソコン「NEW ALIENWARE m15」「NEW ALIENWARE m17」発表。写真はNEW ALIENWARE m17

 デルは6月28日に発表会を開催し、ゲーミングブランド「ALIENWARE」史上最薄をうたうゲーミングノートパソコン「NEW ALIENWARE m15」「NEW ALIENWARE m17」を発表した。6月28日より販売開始する。

NEW ALIENWARE m15
NEW ALIENWARE m17

エピックデザインから「レジェンド」デザインに
従来の最上位機種のデザインを踏襲

ALIENWARE AREA-51mと同じレジェンドデザインを採用

 NEW ALIENWARE m15NEW ALIENWARE m17は、従来の最上位機種である「ALIENWARE AREA-51m」の「レジェンド」デザインを踏襲。マグネシウム合金シャーシを採用し、ルナライト(シルバーホワイト)とダークサイド オブ ザムーン(ダークグレー)を含むハイコントラスト仕上げのカラーオプションを用意する。

マグネシウム合金のシャーシを採用
ルナライト(シルバーホワイト)とダークサイド オブ ザムーン(ダークグレー)を用意

 NEW ALIENWARE m15はおよそ幅360×奥行276×高さ20.1mm(または20.5mm、Tobii視線追跡機能搭載の場合)で、NEW ALIENWARE m17はおよそ幅399.8×奥行295.5×高さ20.5mm(最高部)。ALIENWARE史上最薄のボディーになっているという。

第9世代Core i9HKとGeForce RTX 2080 Max-Qまで搭載可能
従来モデルからエアフロ―も改善

 どちらも第9世代インテルCore i9-9980HKプロセッサーとGeForce GTX 2080 Max-Qデザインを搭載可能。プロセッサーに6フェーズ電圧レギュレーター、GPUに8フェーズ電圧レギュレーターを搭載することで、CPUとGPUのパフォーマンスを長時間にわたって持続できるとしている。

プロセッサーに6フェーズ電圧レギュレーター、GPUに8フェーズ電圧レギュレーターを搭載
吸気口には六角形のハニカムパターンを採用

 エアフロ―は、上部と底部の通気口から冷たい空気を取り込み、後部と側面から排気するデュアル ファン デザインを採用。加えて、CPUとGPUのファンブレードが前世代と比べてNEW ALIENWARE m15が10%、NEW ALIENWARE m17が32%増加したことで、従来よりエアフロ―をNEW ALIENWARE m15が約20%、NEW ALIENWARE m17が約25%改善しているとのことだ。

上部と底部の通気口から冷たい空気を取り込み、後部と側面から排気
ゲームで重要な外部出力インターフェースは背面に集約し、ケーブルの取り回しがしやすい
左右にはUSB端子と有線LAN端子、ヘッドセット端子を配置

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー