このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

教育ITソリューションEXPOでデモ展示

シャープとDynabookはいかなる方法で教育を支援するのか

2019年07月02日 11時00分更新

文● MOVIEW 清水 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Dynabookと共同出展したシャープブース

シャープな未来の教育現場をICTで実現

 学校の施設や設備、教育現場へ提供するソリューションなど、教育へICTを導入することで未来の教育を支える機器やサービスを集めた総合展示会「第10回 学校・教育 総合展」が、6月19日~21日の3日間、東京ビッグサイト 青海展示棟で開催された。

 その総合展内で開催された「第10回 教育ITソリューションEXPO」には、シャープとDynabookが共同出展し、電子黒板BIG PADやそれと連動したソリューション、ソフトを内蔵したdynabookが多数展示された。その概要を紹介する。

教育現場に最適な堅牢設計の2in1パソコンを中心としたdynabook各機種を展示

教育現場に各種ソリューションを段階的に導入

 シャープ+Dynabookブースでは、電子黒板BIG PADとdynabookを連動させたソリューションを展示し、教育現場に必要とされる機能を導入ステージごとにデモンストレーションしていた。

 ステージ1では、教員用のノートパソコンにdynabookを用い、電子黒板BIG PADの学校向け機種「BIG PAD Campus」と連動したソリューションを展示。

 dynabookにインストールされた手書きノートアプリ「TruNote」などを活用し、パソコン内のデータを表示したり、その場で手書きメモを加え、さらにその情報を記録するといった活用方法を提案。BIG PAD Campusは教育現場で必要とされる機能のみに絞り込むことで低価格を実現している。

BIG PAD Campusにパソコンのデータを表示している様子。複数人が同時に書き込み&記録できる

 ステージ2では、グループごとにパソコンを渡し、協働学習する様子を解説。パソコンにインストールされた「dynaSchool TruNote Classroom」を用いてパソコン上で直接指導したり、グループごとの結果を記録して次の授業に活用することができる。教員用のパソコンには、グループごとの進捗状況が表示されるので、各グループの進行状況をリアルタイムで把握できる。

左が教員用パソコンで、右が生徒用。各グループの状況を把握できる
もちろんBIG PAD Campusとも連動できるので、教員用パソコンから特定のグループの画面を表示させるといった活用ができる

前へ 1 2 次へ