このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

画面付きで1万円以下、新Alexa端末「Echo Show 5」の実機が公開

2019年06月21日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スクリーン付きのEchoデバイスとしては3機種目だ。

アナウンス機能など、複数機器の連携でAlexaはさらに便利に

 EchoシリーズやFireTV Stickなど、Alexaの技術を利用できる自社製品も続々と投入されている一方で、Alexa Voice Serviceと呼ばれるAlexaと連携可能な機能を持つ他社製品も増加している。ソニーやボーズのAV機器、レノボやNEC PCのパソコン、MANOMAなどスマートホーム用のゲートウェイなどに加え、美容やスキンケアの分野でもAlexaの応用が進んでいる。

自宅で肌分析ができる、HiMirror MiniもAlexa対応デバイス。メイクしながら音楽を再生するといったことができる。

 デモでは、利用される頻度が高い音楽再生や、テレビ連携機能などから始まり、定型アクションや、新機能のひとつであるアナウンス機能なども紹介された。アナウンス機能とは、直前呼びかけた声(30秒以内)を記録し、別の部屋に置いてあるAlexa対応機器から一斉にその声を再生できるというもの。キッチンで朝食を準備している人から、寝室やリビングにいる家族に向けて「朝だよ、集まって」などと呼び掛ける使い方が提案されている。

スマートデバイスを指先で簡単に操作できる

小型だが音量の面でも十分なステレオスピーカーを備えている

 音楽再生機能では、別室にあるEchoスピーカーを連携させ、同じ曲を同時に再生したり、いいねを使った学習機能、アーティストをフォローしておき、新しいお知らせがあれば画面で確認できる機能なども利用でき、この1年半の間で確実に進化している印象を受けた。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画