このページの本文へ

ASCII Power Review ― 第8回

スピーカーの不便をまるっと解消してくれるのか!?

Amazon Echo Show 実機レビュー = スマートスピーカーの未来形だっ!!

2018年12月19日 14時30分更新

文● 写真 ジャイアン鈴木 + 編集● PowerReview軍団

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 Amazonは10.1インチの大型ディスプレイを搭載したスマートスピーカー「Echo Show」を12月12日に発売した。

 同社は2.5インチの円形ディスプレイを採用したスマートスピーカー「Echo Spot」を7月26日より販売しているが、Echo Showはディスプレイ、スピーカーサイズを大型化した上位版という位置づけだ。

 Echo ShowなどのEchoシリーズはAmazonオリジナルのスマートスピーカー。話しかけるだけで天気やニュースなどをチェックしたり、音楽を再生したり、家電を操作するなどの機能を利用できます。一般的なスマートスピーカーは基本的に音声だけでやり取りしますが、EchoShow、Echo Spotなどのディスプレイ搭載型は文字、静止画、動画などの情報も提供できるのが強みです。

お値段は2万7980円です~

機能てんこ盛りの最上位スマートスピーカー
温度センサー、AUX端子は省略

 Echo Showに搭載されているディスプレイは10.1インチで、解像度は1280×800ドット。同じく10.1インチディスプレイを搭載する「Fire HD 10タブレット」の解像度は1920×1080ドットだが、据え置き型のスマートスピーカーにフルHDはオーバースペックと判断したようだ。

 本体サイズは246×174×107 mm。重量は1755gと重め。バッテリーは内蔵されていないので、Echo Showの重量は2.0インチ×2、パッシブラジエーター付きのスピーカーシステムがその多くを占めていると思われる。

 プロセッサーはタブレット端末で使われている「Intel Atom x5-Z8350」(4コア4スレッド、1.44~1.92GHz)を採用。メモリ、ストレージ容量は公開されていない。

 3240円からスタートするAmazonのスマートスピーカーのなかで最も高額な2万7980円という価格が設定されており、機能的にも最上位という位置づけだ。「デバイスを探して」と話しかけるだけでスマート家電をセットアップしてくれる簡単機能も搭載されている。ただしディスプレイ非搭載型で最上位の「New Echo Plus」に搭載されている温度センサーと「AUX端子」は省かれている。温度センサーはスマートスピーカー用周辺機器で補えるが、外部スピーカーに有線接続したいのならEcho Showは選択肢から外れることになる。

Echo Showのパッケージ。特徴をシンプルにアピールしている簡素なパッケージだ

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!