このページの本文へ

録画映像をスマホに転送できるWi-Fi対応ドライブレコーダー

2019年06月19日 16時40分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 JVCケンウッドは6月19日、ドライブレコーダー「Everio(エブリオ)」の新ラインアップとして「GC-DR20」を発表した。販売開始は7月上旬、市場想定価格は1万6200円前後。

 カラーバリエーションは以下の3種。

定番のブラックのほか、ブルー、ブラウンをラインアップ

 Wi-Fi機能を搭載し、撮影した映像をスマホなどに転送できる。専用のiOS/Androidアプリ「JVC Dashcam」から、本体に記録した映像のストリーミング再生が可能なほか、選択した動画ファイルをスマホに保存できる。対応OSはiOS 10以降、Android 4.4以降。

 撮影はフルハイビジョン(1920×1080ドット/27fps)に対応し、走行時の映像を鮮明に記録できるという。

 衝撃を検出する「Gセンサー」を搭載し、衝撃を検出した10秒前~50秒後までを録画する。映像は上書きがされない「イベント」フォルダに保存されるとのこと。

 1秒間に撮影するコマ数を適正に設定することで、LED信号機の無点灯記録を防止する機能も搭載。そのほか、急激な明るさの変化に対処できるというWDR(ワイドダイナミックレンジ)、地上デジタル放送電波への干渉を低減するというノイズ低減設計をそなえる。

 サイズは約幅63×奥行き28×高さ51mmで、重さは約61g。小型車にも設置可能で、フロントガラスとレンズの距離を短くして設置できるため、ダッシュボードなどの映り込みを低減するという。

 最大記録画角は水平約114度、垂直約60度、対角約145度。記録メディアはmicroSDHCカード 8GB~32GB(Class10以上)。付属品はmicroSDHCカード(8GB)、USB電源アダプター、電源コード(約3.5m)、取付ブラケット、コードクリップ×5、フェライトコア×1、結束バンド×1。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ