このページの本文へ

上海問屋、Push to Talk風ボタンつきの咽喉マイクを発売

2019年06月14日 17時45分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は6月14日、Push to Talk風ボタンつきの咽喉マイクをドスパラ店舗及び通販で発売した。価格は1922円。

 咽喉マイクは、喉の振動から直接音を拾うマイク。周囲の雑音に邪魔されずに会話をできるという。3.5mmステレオミニピンでスマホなどの機器と接続し、首にマイクを装着して、イヤフォンを耳にかけて使う。

 操作はPTT応答ボタン風のリモコンを使う。リモコンは裏面がマジックテープになっており、手の指などに固定が可能。ボタンを押す回数や長さによって操作を使い分ける。

 1回押すことで音楽の再生/一時停止。2回押すと曲送り、3回で曲戻し。長押しでSiriやGoogleの音声検索などを起動させることができる。

 イヤフォンの再生周波数帯域は、20Hz~20000Hz。インピーダンス64Ω、感度107dB。マイク感度は-50±3dB。

 ケーブル長は、イヤフォンマイク側が135cm、PTTボタン側105cm。重量は約63g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ