このページの本文へ

上海問屋、バナナっぽいスタンド兼用自撮り棒を発売

2019年06月13日 15時05分更新

文● 高橋佑司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 上海問屋は6月13日、バナナをモチーフとしたスマホスタンド兼用自撮り棒を、ドスパラ店舗及び通販で販売開始した。価格は1499円。

 色や形状がバナナをイメージさせる、ユニークなモバイルアームの付いたスマホホルダー。ボディーはシリコン製で、曲げたり伸ばしたりと形状変更が可能。スマホの代わりにアクションカメラを取り付ければ、カメラクリップとしても使用できるとのこと。

 サイズは、ホルダー部分が縦6.5×横5.2×幅2.8cm、アームの長さが約42.5cm。重量は約129g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ