このページの本文へ

ライブ配信サービスへ直接映像をアップロードすることも可能

パナソニック、4K/30pで撮影できるリモートカメラ

2019年06月11日 17時10分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは6月11日、4K画質での映像出力や超広角レンズを搭載する「4Kインテグレーテッドカメラ(AW-UE4WGN/KGN)」を発表した。発売は10月を予定している。

 3840×2160ドット/30pの4K出力による高精細な映像に加えて水平111度の超広角レンズを搭載することで空間の端から端までカバーでき、設置時の自由度が高いのが特長。また、HDMI/LAN/USBの3つの映像出力端子を装備するほか、LAN接続によるPoE給電、USBケーブルでの給電にも対応。映像と制御、給電をLANケーブルもしくはUSBケーブル1本で可能となる。

 ライブ配信サービスへ直接映像をアップロードできるRTMP(Real-Time Messaging Protocol)にも対応しており、ライブプロダクションなどの用途でも利用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン