このページの本文へ

鮮やかだが派手過ぎないブルーボディー

3万円台で持ち運び楽な小型11.6型ノートPCをサブマシンにいかが?

2019年06月08日 09時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Inspiron 11 3000」

 普段は机に向かって作業をしているが、ちょっと外出するときに持って行けるセカンドマシンがあったらいいなということはわりと多い。最近は軽量化が進み、1kg前後の重さですっと持っていけるノートパソコンが増えているが、その価格で断念している人もいるだろう。今回紹介するデルの「Inspiron 11 3000」は、クーポンを利用すれば3万4181円(6月7日現在)で購入できる1台となっている。

 ボディーもコンパクトな作りとなっており、持ち運びも便利なサイズ。その分ディスプレーが大画面ではないので、作業効率はそこまで高くないが、セカンドマシンや一時的に外で使うパソコンとしては、お試し価格で購入できるのもいい。今回はInspiron 11 3000の外観について紹介する。

ほぼA4サイズでコンパクト

 Inspiron 11 3000は、最小重量1.154kgで、実際に持った際にはボディーが小さい分想像しているよりも重いと認識してしまうが、あくまで視覚的なイメージとのギャップだ。1kgちょっとの重さなので、実際に持ち運ぶのに重くて大変ということはない。

 サイズはおよそ幅292×奥行き196×高さ20.8mmで、A4サイズより少し小さい。この大きさであればバッグに入れて持ち歩くのも問題ないだろう。ただし、20.8mmという高さは、最近の軽量パソコンに比べてしっかりとした厚みがある。薄型のノートパソコンと違うので書類のようにバッグに入れるというイメージではないが、書籍を1冊入れるというイメージをすればいいだろう。ボディー自体はエッジに向けてカーブがついているので掴みやすく、手にはしっかりとフィットする。

試用機のボディーカラーは派手過ぎないブルー

 ボディカラーはオーソドックスなグレーとホワイトのほか、ノートパソコンとしてはあまりないブルーが用意されている。試用機もこのブルーだったが、鮮やだが派手過ぎず、ビジネスシーンで使ってもそれほど抵抗のない色調だ。

ディスプレーの解像度は1366×768ドット。フルHDではないが、ディスプレーサイズを考えると丁度いいかもしれない

 ディスプレーは11.6型で、アンチグレアタイプ。周囲の光を拾わないので、外出先で使うのに適している。解像度は最大で1366×768ドットとなっており、残念ながらフルHD表示はできないが、ディスプレーが小型な分、大きめの表示となり文字などは見やすいサイズになる。また、外部ディスプレーを接続すればフルHD表示にも対応できるので、どうしてもフルHDで表示したい場合には外部ディスプレーを接続するといいだろう。

 Inspiron 11 3000のCPUはAMD A6-9220eを搭載。パワフルなCPUではないが、セカンドマシンとしての活用や外出する際に持ち歩くといった用途であれば十分だろう。クライアントパソコンとして使うにも十分なパワーは持ち合わせている。

 ストレージは64GB eMMC。フラッシュメモリーを使うeMMCはSSDほど高速ではないが、HDDと比べれば速度は速い。容量的には心許ないが、たとえばデータはクラウドやウェブ上に置いて、どこからでもそのデータを活用するといった使い方が考えられる。どうしても大容量のストレージが必要な場合には、外付けHDDや大容量のmicroSDメモリーを使うといいだろう。

シンプルながら必要最低限のインターフェースがそろっている

 Inspiron 11 3000の外部端子は左右に振り分けてシンプルな構成となっており、数は多くはない。それでも最低限必要と思われる端子は用意されているので、使うのに困るということはないだろう。搭載されている外部端子はUSB 3.1 Gen1 1基、USB 2.0 1基のほか、オーディオジャック、HDMI端子、microSDカードリーダーが用意されている。

マシン左側面には電源端子、HDMI端子、USB 3.1 Gen1端子、microSDカードリーダースロットを配置
マシン右側面はオーディオジャックとUSB 2.0端子を配置

 周辺機器の拡張という点では外部端子が少ない気はするが、さきほど書いたようにクラウド上のデータを使うクライアントマシンとしての利用や、急遽外出することになったときに持って行って使うというような用途であれば十分だ。メインマシンのように使うというよりも、セカンドマシンとしての活用法を考えるべきだろう。

 なお有線LAN端子は搭載されていないので、通信は無線LANとなる。無線LANはIEEE 802.11b/g/n準拠で、Bluetooth 4.0にも対応している。

 次回は、「Inspiron 11 3000」の操作感などについて解説する。

試用機の主なスペック
機種名 Inspiron 11 3000
CPU AMD A6-9220e
グラフィックス Radeon R4 グラフィックス
メモリー 4GB
ストレージ 64GB eMMC
ディプレー 11.6型アンチグレアLEDバックライトディスプレー(解像度1366×768ドット)
内蔵ドライブ
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 4.0
インターフェース USB 3.1 Gen1端子、USB 2.0端子、オーディオジャック、microSDカードスロット、HDMI出力端子
サイズ/重量 およそ幅292×奥行196×高さ20.8mm/約1.154g
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー