このページの本文へ

らくらくスマートフォン me F-01Lのハイブリッドラジオ機能「ラジスマ」が評価された

富士通が「情報通信月間」総務大臣表彰を受賞

2019年06月05日 17時00分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通コネクテッドテクノロジーズは6月5日、帝国ホテルで開催された「電波の日・情報通信月間」記念中央式典において、「情報通信月間」総務大臣表彰を受賞したと発表。

6月3日に開催された「電波の日・情報通信月間」記念中央式典。

 情報通信月間 総務大臣表彰は、総務省が掲げる「電波の日」(6月1日)および「情報通信月間」(5月15日〜6月15日)にあたり、情報通信の発展に貢献した個人および団体を表彰するもの。

 受賞理由は、らくらくスマートフォン me F-01Lに搭載している「ラジスマ」の開発と実用化に貢献したからだという。ラジスマはFMラジオのチューナーと、インターネットラジオのアプリ「radiko」を搭載。ハイブリッドラジオ機能を利用できる。災害時の情報伝達手段として大きな役割を果たすと期待されているとのこと。

 同スマホはそのほか、人工知能(AI)などの最新技術の搭載することで、同シリーズの見やすさ・聞きやすさ・使いやすさをさらに進化させたという。スマホの操作をやさしくサポートし、使いこなせる機能を搭載しており、初めて使う人でも安心して使えるとしている。