このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

フルHDならほとんどのゲームが快適にプレー可能、入門機にも最適

コスパの高さに驚いた、13万円台Core i7とGTX 1660 Ti搭載ゲーミングPC

2019年05月23日 09時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「GALLERIA XT」

 GPUにGeForce GTX1660 Tiを搭載し価格を抑えながらも、CPUにはCore i7-8700を採用して高いポテンシャルを確保している「GALLERIA XT」。本機はミドルレンジのゲーミングパソコンでありながら、13万4980円から購入できるコストパフォーマンスが魅力となっている。では、その実力はどのくらいだろうか。今回は各種ベンチマークテストを行ない、その実力を検証してみた。

価格を考えるとかなり高パフォーマンスを発揮
高いコストパフォーマンスの 1台

 「GALLERIA XT」のスペックは前回お伝えしたが、再度おさらいしておこう。CPU-Zを用いた結果は下記のとおり。

GALLERIA XTのCPU

メモリー

GPU

 Windowsパソコンとしての快適さを測る「WIN SCORE SHARE」で計測してみたところ、CPU、メモリ、GPUが9.2ポイントという高いスコアとなった。ストレージもSSDなので8ポイント台のスコアとなっている。

WIN SCORE SHAREの計測結果

 GALLERIA XTには500GBのSSDと1TBのHDDが搭載されている。CrystalDiskMarkを使ってストレージの速度を計測してみたところ、SSDはやはり読み書きともに速い。HDDはSSDに比べて遅くはなるものの、読み書きともに200MB/sに近い数値が出ている。

CrystalDiskMarkによるSSDの計測結果

CrystalDiskMarkによるHDDの計測結果

 続いて、マシンのパフォーマンスやグラフィックス性能などをテストしてみよう。まずはマシン全体のパフォーマンスを測るべく、定番のベンチマークソフト「PCMark 8」と「3DMark」を用いて、性能をチェックしてみた。

 総合系ベンチマークソフト「PCMark 8」は、通常作業などのパフォーマンスをチェックするためのソフト。今回は「Home Accelerated」「Creative Accelerated」2種類のチェックを実施した。

ブラウジングやビデオチャットなどの通常作業におけるパフォーマンスを測るHome Acceleratedの結果

3Dゲームや画像処理ソフトなどのパフォーマンスを測るCreative Acceleratedの結果

 スコアはHomeが5353、Creativeが8415となった。GeForce GTX 1660 Tiを搭載しているだけあって、Creativeは高めの数値となった。ゲームだけでなく、写真や動画の編集なども快適にこなせそうだ。

 3Dグラフィックスのレンダリングなどのベンチマークテストが可能な「CINEBENCH」。このソフトではCPU性能などが計測できる。グラフィックスAPIのOpenGLは141.97fps、CPUの性能テストでは1405cbという結果となった。GPUだけではなく、CPUのパフォーマンスも高い。

OpenGLのテスト結果

CPUのテスト結果

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ