このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第498回

ひと口サイズの「ポケチキ」とはいったい?

ファミマがローソン「からあげクン」とそっくりな新チキン! 何が違う?

2019年05月15日 13時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ファミマで5月14日新発売の「ポケチキ」

 ファミリーマートは「ポケチキ」3品を5月14日に発売しました。

 ナゲットでもからあげでもない、ひと口サイズのフライドチキンとのこと。プレーン、チーズ、ホットの3フレーバーで、価格は各200円。

あれ? ローソンの「からあげクン」と似ていませんか?

 ひと口サイズのチキンで、この入れ物の形って、見たことないですか? そう、ローソン定番の「からあげクン」に似ているのでは!

 いったい「からあげクン」と何が違うのか? チェックしてみました。

ファミマの新チキン「ポケチキ」と
ローソン「からあげクン」の共通点

・入れ物の形が似ている

 厚紙でできた自立する箱型の入れ物は、広口になっているところまでポケチキとからあげクンで共通しています。サイズ感もほぼおんなじ。入れ物の印象がかなり似ているので、同じシリーズかと錯覚してしまうこともありそう。

・楊枝もついている

 両方とも、つま楊枝が入れ物にセットされています。ありがたいです。

・チキンのサイズは同じく4~5cm程度

 では、チキンのサイズはどうでしょうか。測ってみたところ、ポケチキとからあげクンは両方とも直径4~5cm程度の大きさ。ほとんど同じサイズ感でした。

ファミリーマートの「ポケチキ」プレーン
ファミリーマートの「ポケチキ」プレーン

・個数も同じ

 チキンの数は同じく5個。

ローソンの「からあげクン」プレーン
ローソンの「からあげクン」プレーン

・フレーバーのラインナップも似ている

 からあげクンのフレーバーと言えば「プレーン」「チーズ(北海道チーズ)」「レッド」がメイン。この他にも、シーズンごとで様々なフレーバーが出ていますが、定番はこの3種です。一方のポケチキも、「プレーン」「チーズ」「ホット」で登場。レッドとホットは同じくピリ辛テイストで、ラインナップも似ていると言えましょう。

「プレーン」「チーズ」「ホット」の3フレーバーで展開

違う点

・価格

 ポケチキ 200円
 からあげクン 216円

 新しく登場したポケチキは、各フレーバー通常価格200円(※5月27日まではセールで10円引きになります)。一方のからあげクンは、定番の3種のフレーバーは通常価格216円。ポケチキはからあげクンより安い価格設定で攻めてきたわけです。

・お肉の種類

 ポケチキ 新鮮な鶏むね肉を使用 ※産地は明記されていない。
 からあげクン 国産若鶏むね肉100%

 ファミマのポケチキのほうがお手頃価格。対して、ローソンのからあげクンは国産の鶏にこだわっている、といった特徴が見えてきました。

ポケチキはふんわりジューシー
からあげクンは「唐揚げ」らしい

 味はどうでしょう。ファミマのポケチキ、ローソンのからあげクンのプレーンを食べ比べてみました。

左がファミマの「ポケチキ」、右がローソン「からあげクン」。プレーンで比較すると、からあげクンのほうが色が濃いです。

 見た目が似ているので味も似ているのでは? なんて思っていましたが、食べてみると衣とお肉にそれぞれ特徴があって、はっきりと違いがわかりましたよ!

 定番のからあげクンの衣はカリッとした歯ごたえある食感でした。一方、ポケチキの衣はふんわりとした、薄衣で軽い食感。

 中のお肉は、からあげクンは旨みがギュッと凝縮している感じ。身の繊維がややドライですが、味がまとまっていて衣とのバランスがよいなと感心しました。ポケチキの方は、みずみずしくて柔らかい感じが特徴的でした。しっとりしたサラダチキンのイメージに近いですよ。プレーン味に関して言うと、ポケチキは隠し味に塩麹を使っているようです。

 それと味付け。からあげクンは、「唐揚げ」をイメージしているので、醤油の風味がきいていました。そのぶん味が濃く感じられましたよ。ポケチキは塩味であっさり。

 なるほど~、まとめるとこんな感じでした。あくまで、私個人の感想です。

ポケチキは小さめチキンナゲットのようで、からあげクンはほんのり醤油味がついていてやはり唐揚げなんだなと。

・ファミマのポケチキ(プレーン)
 衣はふんわり
 お肉はしっとりしていて柔らかい
 味は塩風味であっさり

・ローソンのからあげクン(プレーン)
 皮はカリッ
 お肉はギュッとした感じで旨みが凝縮
 味は醤油風味もついていてポケチキより濃い

気になるカロリーは?

 最後に、気になるカロリーなどを見ていきましょう。結論としては、ポケチキのほうが高カロリーです。

低カロリーなのは、ローソンのからあげクンでした。

<ファミマ ポケチキ>
・ポケチキ プレーン
 254.1kcal 炭水化物11.33g
・ポケチキ チーズ
 256.3kcal 炭水化物11.66g
・ポケチキ ホット
 260.7kcal 炭水化物12.43g

<ローソン からあげクン>
・からあげクン プレーン
 220kcal 炭水化物8.5g(糖質8g+食物繊維0.5g)
・からあげクン 北海道チーズ
 235kcal 炭水化物9.5g(糖質9g+0.5g)
・からあげクン レッド
 230kcal 炭水化物8.5g(糖質8g+食物繊維0.5g)

 糖質もチェックしたかったところ、ポケチキは糖質が特に出ていなかったので、炭水化物(糖質+食物繊維)を書いておきます。

 ポケチキのほうがだいたい20~30kcalくらい高カロリー。わずかな差ではありますが、気にする方は判断材料のひとつにしてみてください。

お酒に合うのはからあげクンかな?

 というわけで、ファミリーマートに新しく登場したポケチキは、ローソンのからあげクンに雰囲気が似ていますが、味わいがまったく同じというわけではありませんでした。

 もちろん、どちらもおいしくて、小腹満たしにちょうどいいです。

 私は、お酒のアテにするなら、味が濃いめで凝縮した感じのからあげクン、おやつとしてあっさりと食べるならポケチキがいいかな~とか。みなさんもどちらが自分の好みか、食べ比べてためしてみてはどうでしょうか!



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧