このページの本文へ

BIOSTAR「H310MHD3」

DDR3Lメモリーが使える第9世代Coreプロセッサー対応マザー

2019年04月27日 23時06分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DDR3Lメモリーが使えるLGA 1151対応のH310搭載マザーボード「H310MHD3」がBIOSTARから発売された。現行世代の第9世代Coreプロセッサーが利用できる。

DDR3Lメモリーが使えるLGA 1151対応のH310搭載マザーボード「H310MHD3」

 第9世代Coreプロセッサー対応でありながら、メモリーが動作電圧1.35V駆動のDDR3Lを利用するという変わり種のMicro ATXマザーボード。チップセットはIntel H310で、TDP 95Wまでの第9/8世代インテルCoreシリーズに対応している。

スペックは非常にシンプル。TDP 95Wまでの第9/8世代インテルCoreシリーズに対応する

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR3L DIMM×2(DDR4-2400/1866/1600/1333、最大32GB)という構成。オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)や、サウンド(Realtek ALC887)、SATA3.0×4、USB 3.0×4、USB 2.0×6などを装備。グラフィックス出力はHDMI 1.4b×1、D-Sub×1となる。

 価格は7538円。パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中