このページの本文へ

業界人の《ことば》から 第341回

5年で2000人確保 日本へのコミットを加速させるセールスフォース

2019年05月06日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本への投資で他社の規範目指す

 さらに、ベニオフ会長兼共同CEOは「これまでの日本での成功は、信頼関係とカスタマーサクセスを前面に打ち出すことによってなしえたものである。日本には2つのデータセンターがある。また、これまでに日本のスタートアップ企業に投資してきたが、さらに1億ドルを投資していくことになる。

 2020年には、セールスフォースのエコシステムによって、15万3000人の新たな雇用が日本で生まれることになる。そして、1000億ドル以上の新たな売上げのチャンスを作っていくことになる。これは、日本に対する投資という意味で、他社の模範になるものだ」と、日本における新たなコミットメントを明らかにした。

 小出会長兼社長も「セールスフォース・ドットコムは、社会貢献のための1:1:1モデルを推進しており、日本では14万時間を社会貢献活動に費やし、1250を超える非営利団体に製品を使ってもらっている。また、2億5000万円以上の助成金をNPOに提供している。ボランティア活動はさらに加速させたい。そして、これからも5年、10年に渡り、日本の企業のデジタルトランスフォーメーションを支援したい」と語った。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ