このページの本文へ

業界人の《ことば》から 第341回

5年で2000人確保 日本へのコミットを加速させるセールスフォース

2019年05月06日 09時00分更新

文● 大河原克行、編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本が大好き

 日本に対するリスペクトも口にする。

 「私は40年以上前から日本を訪れ、日本の文化、言葉、食べ物が大好きである。来日するとまず京都に行く。今回も京都を訪れ、桜を見た。満開の桜ほど、心が洗われる風景はない。真の意味の美である。そして、人生のようにあっという間に散ってしまう。人は桜のごとく懸命に生きることが大切である」とし、

 「京都では、石庭で有名な龍安寺に必ず訪れる。石庭では、15の石のどこに座っても、14個の石しか見ることができない。しかし、心を無心にし、自分の内面と語り合うことで、15個の石を見ることができる。これによって、基本に立ち返ること、初心を忘れないということを思い出すことができる。

 鈴木俊隆僧侶は『初心の心にはたくさんの可能性がある。しかし、卓越したと思いこんだ途端に、限られた可能性しか見えない』と語っていた。京都に行き、無心になって、自分の内なる心と対話をし、15の石を見えるようにすることで、閃きを体験し、創造力を発揮でき、イノベーションを生むことができる。日本でのビジネスも、初心に立ち返ることが大切である」とした。

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ