このページの本文へ

スパイスを利かせたカレーフレーバー:

「MARUCHAN QTTA スパイスカレー味」花椒×カレーの刺激

2019年05月04日 16時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東洋水産は「MARUCHAN QTTA スパイスカレー味」を5月6日から発売します。価格は200円前後。

 QTTAシリーズはフレーバーにあわせて独自製法の麺を採用していますが、スパイスカレー味には、なめらかでもちもちした食感が特徴という「つやもち製法」を採用。ラードを使用した油で揚げることで、香ばしい風味に仕上げたとのこと。スープとの絡みを考慮して、食べごたえのある幅広の麺を使っています。

 ポークの旨味がベースのスープは、ニンニクと香辛料をきかせたとうたうカレー味。花椒粉末と花椒油で風味をつけたほか、唐辛子チップも入れており、辛さとしびれがクセになる味わいだとか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!