このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第606回

富士フィルムのミラーレス一眼「X-T30」を持って外猫を撮りに行く!

2019年04月13日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
首筋を撫でられて気持ちよさそうに転がってるハチワレ。鼻先が黒いのがチャームポイント。人目も汚れも気にせずぺたっと座って猫を撫でていたのが印象的。2019年3月 富士フイルム X-T30

富士フィルムの「X-T30」を持って
外に出よう!

 すっかり春になりましたなあ。ということで前回に引き続き、富士フイルムの「X-T30」で猫を撮る話。

アナログカメラっぽいスタイルながらデジタルならではの撮影機能満載の富士フィルム「X-T30」。背景にさりげなく猫を入れてみた

 X-T30とレンズ数本を持って猫散歩である。撮影をひとつ終えた後、そういえば近くに猫がいっぱいいる公園があったよな、と立ち寄ってみるけど姿が見えない。公園では子供たちが遊んだり隠れたり走り回ったりしているので、たまに猫の姿をみかけても走る子供たちに驚いてさっと逃げちゃう。

 猫は子供たちを怖れてるのである。まあ普通に考えて、猫を見つけると遠慮なく走ってくるし、逃げると追うし、大きな声だすしで猫的には警戒せざるを得ない。しょうがないので桜でも撮りながら公園内をぶらぶらしていると、人が大勢くつろいだり遊んでいる公園の真ん中近く、日当たりがよいとこで座り込んでるおばさまがいる。

 もうこれはアレしかないですな、というわけで、猫を脅かさないようそっと近づき、挨拶して、撫でている姿を撮らせてもらった。それが冒頭写真。近所に住んでいて、いつも猫に会いに来るそうで、常連さんなのだ。猫の方も警戒心ゼロでされるがまま。ごろんと転がっておなかまで撫でさせてる。

おなかを撫でさせてくれるほど人なつこい猫はなかなかいないのであった。この日は陽射しもほどよくあって気持ちよさそう。2019年3月 富士フイルム X-T30

 遊び回ってる子供、ベンチでくつろいでいるスーツ着てる人、おしゃべりに興じるおばさま方などに囲まれて、そこだけ不思議な空間になっているのであった。

こんな感じで猫と戯れてたのだった。よく見ると左耳の先がV字カットされてる。去勢された地域猫だ。2019年3月 富士フイルム X-T30

 ネコ好きの人って猫を撫でてるとき周辺なんて気にしないものね。面白いもので、最初の1匹に出会えると、2匹目3匹目は比較的すぐあらわれる。たとえば、草むらの中で陽射しを浴びながらじっと座ってるキジトラ。何か動いた気がして目をやると、ちょこんと座っていた。この猫は人が苦手なようで、見つからないよう隠れていたから、こちらも刺激しないようにちょっと遠くから望遠で。

 草むらの猫を撮るときは手前の草や灌木にピントが合わないよう、AF枠を小さくして猫の目元を狙うべし。全デジカメが猫顔認識機能を持ってくれればいいのに。

陽射しがまぶしくて目を閉じてたのだけど、たまたまちょっと開けた瞬間を狙ってみた。精悍なよい顔をしております。2019年3月 富士フイルム X-T30

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン