このページの本文へ

GFXシリーズの新たなフラッグシップ

富士フイルム、1億200万画素デジカメ「FUJIFILM GFX100」

2019年05月23日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士フイルムは5月23日、ミラーレスデジカメ「FUJIFILM GFX100」を発表。6月下旬に発売する。

 ミラーレスデジカメ「GFXシリーズ」のフラッグシップとなるモデル。35mmサイズのおよそ1.7倍のサイズの対角およそ55mmの裏面照射型撮像素子は1億200万画素、第4世代となる画像処理エンジン「X-Processor 4」や「フジノンGFレンズ」により高い描写力を持つという。

 378万の像面位相差画素をイメージセンサー全面に配置(カバー率およそ100%)したことにより高精度なAF、ボディ内のセンサーシフト式5軸手ブレ補正機能(最大5.5段分)、4K/30fpsの動画撮影機能などを装備。背面には3方向チルト対応3.2型液晶ディスプレーのほか、2.05型のサブディスプレーも装備。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン