このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

13.3型ディスプレーを11型級のコンパクトなボディーに搭載する「New XPS 13」の使い勝手をチェック

長時間駆動でモバイルに最適、使い勝手のよい液晶&キーボードも魅力の13.3型ノートPC

2019年04月10日 07時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「New XPS 13」

 直径がわずか2.25mmのウェブカメラを、ディスプレー上部の狭額縁に内蔵し、フレームレスディスプレーとウェブカメラの自然な画角を両立させたデルの13.3型ノートパソコン「New XPS 13」(関連記事)。今回は、モバイルノートとしての使い勝手に迫っていこう。

フルサイズクラスのキーボードを採用、電源ボタンは指紋認証センサー一体型

素直な配列の日本語キーボード。購入時に「US/インターナショナル」仕様の選択も可能。キーボードを変更しても価格は変わらないのがうれしい

 New XPS 13は、13.3型ディスプレーを11型級のコンパクトなボディーに搭載しているが、キーピッチは横19.05mm、縦18.05mmとフルサイズクラスのキーボードが採用されている。キーストロークも1.3mmと十分な深さだ。打鍵感は申しぶんなく、打鍵音も低めに抑えられている。

 日本語キーボードは86キーとなっており、米国とカナダの82キー、イギリスの83キーより数が多いが、幅が狭いのは右側の7つの記号キーのみ。ほかのキーはすべて等幅に揃えられている。またキーとキーの間にすき間のあるアイソレーションタイプなので、高速タイピングしてもふたつのキーを同時押ししてしまうことはないはずだ。

指紋認証センサー一体型電源ボタンは押すだけロック解除できる。指をスライドさせる必要はない

 電源ボタンは指紋認証センサー一体型。採顔認証センサーを用しているノートパソコンも多いが、顔認証センサーには赤外線カメラが使われているので、赤外線を含む太陽光下では正常に動作しない場合も少なくない。環境に左右されずにロック解除できるので、指紋認証センサーと併用できる使い勝手のよさはありがたい。

デル株式会社

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー