このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第230回

バッテリー容量を増やす:

アップル新型iPhoneは双方向ワイヤレス充電機能搭載?

2019年04月09日 09時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが2019年に発売する新型iPhoneは、双方向ワイヤレス充電機能を搭載する。著名アナリストのミンチー・クオ氏による予測を、米メディア9to5Macが4月1日に伝えた。

 双方向ワイヤレス充電機能とは、iPhoneのバッテリーを消費してほかのデバイスをワイヤレス充電する機能のこと。これを使ってユーザーはAirPodsの充電ケースなどを充電できるという。

 クオ氏は双方向ワイヤレス充電機能をサポートするため、今年の新型iPhoneはバッテリー容量が10~15%増加すると予測している。

 ただし、iPhone XRのバッテリー容量についてはほとんど増えないとみられている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中