このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第229回

5.42、6.06、6.67インチの3サイズ:

アップル2020年iPhoneさらなる大型モデルか?

2019年04月09日 07時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2020年にそれぞれ5.42インチ、6.06インチ、6.67インチの3サイズの有機ELディスプレーを搭載したiPhoneを発売する予定だ。台湾メディアDigitimesが4月2日に報じた

 同紙は台湾の携帯電話コンポーネントサプライチェーンの情報筋からの話として、アップルは2019年のiPhoneは有機ELディスプレー2種類と液晶ディスプレイ1種類の構成で発売するが、2020年は全て有機ELディスプレー搭載モデルになると伝えている。

 このうち5.42インチはコストの削減のため、サムスンディスプレーのタッチ一体型フレキシブル有機ELディスプレイY-OCTAか、LGディスプレーかBOEテクノロジーの有機ELを搭載する可能性があるという。

 現行モデルのiPhoneは5.8インチ、6.1インチ、6.5インチのため、ベゼルがより狭くならないかぎり、さらに大きくなったiPhoneが登場するのかもしれない。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中