このページの本文へ

80年代の青春映画らしいハートウォーミングなストーリーなど見どころ満載

『バンブルビー』は可愛くて笑えてグッとくる青春映画だ!

2019年03月21日 17時00分更新

文● 市川/ASCII 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『バンブルビー』は80年代の青春映画を彷彿とさせるストーリーが魅力

『バンブルビー』は私が好きな「少年少女と地球外生命体が友情を育む映画」

 『バンブルビー』はトランスフォーマーシリーズの人気キャラクター「バンブルビー」を主役にした1作目の前日譚で、これまで語られることのなかった彼の秘密(なぜバンブルビーは話すことができないのか、なぜフレンドリーなのかなど)が明らかになる点が主な見どころとなっている。

「バンブルビー」を追跡する敵のトランスフォーマーたち

「バンブルビー」を捕獲しようとする秘密組織「セクター7」

 もうひとつの見どころはなんといっても「作風」である。マイケル・ベイ監督のド派手な爆発と破壊(通称「ベイヘム」)が炸裂した過去作とは異なり、『バンブルビー』のアクションの派手さは控えめ。とはいえ、敵のトランスフォーマーたちとの戦いや秘密組織「セクター7」の陰謀など、過去作と同様のスリルは健在なので手に汗握るアクションを楽しめる。さらにアクションとドラマの配分がちょうど良いため、楽しく鑑賞することができた。

80年代の青春映画を思わせるストーリー展開に懐かしさを感じた

 今回は80年代が舞台のため、その当時の青春映画を彷彿とさせるドラマが色濃く描かれている。スティーブン・スピルバーグ監督の『E.T』をはじめ、ジョン・ヒューズ監督の『ブレックファスト・クラブ』、ロブ・ライナー監督の『スタンド・バイ・ミー』などにあげられる、80年代のノスタルジーとハートウォーミングを同時に堪能できる。ティーンエイジャーの青春をコミカルに描き、思春期ならではの苦悩をシリアスに描くスタイルに懐かしさを感じた。

 また、随所に流れる80年代の洋楽のチョイスが実にいいので、80年代の青春映画と洋楽ファンはすぐにハマるかもしれない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ