このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

80年代の青春映画らしいハートウォーミングなストーリーなど見どころ満載

『バンブルビー』は可愛くて笑えてグッとくる青春映画だ!

2019年03月21日 17時00分更新

文● 市川/ASCII 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トランスフォーマーシリーズ最新作『バンブルビー』は3月22日公開

あらすじ
 舞台は1987年の田舎町。父親を亡くした哀しみから立ち直れない少女チャーリー・ワトソンは、18歳の誕生日に廃品置き場でオンボロな黄色い車(ビートル)を見つける。自宅に乗って帰ると、その車が突如、人型ロボットにトランスフォーム(変形)してしまう。チャーリーはそのロボットに「バンブルビー(黄色い蜂)」と名付け、かくまうことを決める。心に傷を抱えたチャーリーとボロボロに傷ついたバンブルビーの間に友情が芽生えるのだが……。

『バンブルビー』はシリーズ1作目の前日譚。過去作で語られなかったバンブルビーの謎が明らかになるのが一番の見どころ

 トランスフォーマーシリーズ最新作の『バンブルビー』は、3月22日から日本で公開される(3月21日より先行上映)。黄色がトレードマークのキャラクター「バンブルビー」の過去を描いており、これまで語られなかった秘密が初めて明かされるのが本作の特徴である。そのほかにも、80年代の雰囲気や、孤独な少女との交流を描いたハートウォーミングなストーリーなど、過去作とは異なるトランスフォーマー作品に仕上がっている。

チャーリー・ワトソンとバンブルビーの交流をハートウォーミングに描いたストーリーに誰もが感動するだろう

 今回、『バンブルビー』をいち早く鑑賞することができたので、本作のレビューを紹介する。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ