このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

流通総合展「リテールテックJAPAN 2019」でのシャープの最新ソリューション

シャープが考える冴えた店づくりの方法を東京ビッグサイトで目撃

2019年03月14日 16時00分更新

文● MOVIEW 清水 編集●アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「リテールテックJAPAN 2019」のシャープブースを取材

「リテールテックJAPAN 2019」シャープブースの
店づくりのソリューションを一気見!

 流通情報システムの総合展示会「リテールテックJAPAN 2019」が東京ビッグサイトにて3月5日から3月8日まで開催された。

 235社が出展し、流通や飲食業界向けのIT機器やソリューションなど、これからの店舗や流通システムづくりに欠かせない、最新機器を紹介していた。今回伺ったシャープブースでも、デジタルサイネージやPOSシステムなど、進化が続く製品群とソリューションを数多く紹介されていた。

4日間にわたって1000社以上の企業や団体が出展した「日経メッセ 街づくり・店づくり総合展」。東京ビッグサイトにて開催された

人物を等身大で映し出すこともできる
4Kを活用したデジタルサイネージ

 店舗内での情報発信に欠かせないデジタルサイネージでは、すでに4Kをベーシックラインとしているシャープ。フルHDの4倍の情報量となる4Kの解像度では、動画や写真が美しく映し出されるだけでなく、文字も鮮明に読み取れる。今回展示されていたインフォメーションディスプレイはベーシックモデルとコントローラー機能内蔵モデル。ベーシックモデルは43型、50型、55型、65型、75型、86型と豊富なサイズ展開で、用途に合わせて選べる。もちろん縦置きも可能だ。

 コントローラー機能内蔵モデルはAndroid OSを採用し、パソコン不要でサイネージが運用できるタイプ。新製品の65型、75型、85型には、それぞれ連続稼働時間が16時間のベーシックモデルと24時間のスタンダードモデルがある。最も大きな85型では長辺が1900mmあり、縦置きにすれば人物を等身大で映し出すことができる。アパレル店舗にて実際に服を着ているイメージを表示したり、微細なデザインをアピールすることに向いている。

75型のベーシックモデル。簡易メディアプレーヤーを内蔵しているのでUSBメモリを挿すだけでスライドショーを再生できる。4Kになったことで細い線を鮮明に表示することができ、明朝体の文字などもくっきりと見える
85型のコントローラー機能内蔵モデル。目に留まる、色鮮やかな画像を表示すると効果的だ85型を縦置きにした場合、等身大の人物を映し出せる。アパレルの店舗で活用すれば、マネキン不要で数多くの商品イメージを見せられるだろう

 また、屋外向けの55型高輝度ディスプレイも展示されていた。他のディスプレイは基本的に屋内使用前提だが、こちらは交通機関や公共施設などの屋外で使うことを想定しているので、フレーム含め防塵・防水構造を採用している。解像度はフルHD。

屋外向け55型高輝度ディスプレイ。映り込みも少なく、外の光で見えづらいということはない

 ディスプレイが高解像度になり、大型化してくると、その設置も大がかりになってくる。しかし店舗やオフィスでは大規模な工事ができなかったり、壁掛け設置が難しいケースも多い。ディスプレイの新しい設置ツールとして、簡易支柱スタンドを参考出品していた。この簡易支柱スタンドでは、天井と床で支柱を突っ張り棒のような形で固定するので大掛かりな施行工事をすることなく、様々な場所にディスプレイを設置することができる。支柱は1本と2本のタイプがあり、50型までなら1本タイプで対応できる。

工事なしで様々な場所にディスプレイを設置できる簡易支柱スタンド(参考出品)

 また、壁を利用し、最大150型の画面を投影するレーザー光源採用の超短焦点プロジェクターも展示されていた。壁のすぐ近くの天井から画像を投影することで、人影でさえぎられることがない。

天井に取り付けて映像を表示するレーザー超短焦点プロジェクター。最短490mmの距離に設置できる

 他にもサイネージを使ったソリューションやサービスが展示されていた。音声対話サイネージは、日本語・英語・中国語に対応。外国人観光客が増えている現在、サイネージでの案内も多言語対応が求められているが、この音声対話サイネージではタッチ操作だけでなく、話しかけた言語で表示を切り替えられる。

音声対話サイネージは普段は映像などを表示し、人がディスプレイの前に立つと案内を開始する話しかける言語によって表示を切り替える。また、案内の途中で話しかけてもその音声を認識する割り込み発話機能も搭載している
ネットワーク経由で表示するコンテンツを書き換えるソリューション「e-Signage」を使ったデモ。複数のディスプレイに順次情報を表示したり、曜日や時間によって表示コンテンツを変更することができる
「コンテンツWEBサービス」では、ポスターなどの素材データを渡すことで、映像コンテンツをプロが作ってくれる。データのやり取りなどはWEB上で完結し、最速3営業日で納品される

前へ 1 2 3 次へ