このページの本文へ

フォッシル、Snapdragon Wear 3100搭載の省電力スマートウォッチが店舗で販売

2019年03月01日 20時50分更新

文● ラモス/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フォッシルジャパンは3月1日、最新のQualcomm Snapdragon Wear 3100 Platformを搭載した「Sport Smartwatch(スポーツ スマートウォッチ)」を発売した。販売は直営店の原宿明治通り店、ダイバーシティ東京プラザ店、心斎橋店、神戸ハーバーランドumie店の4店舗。価格はそれぞれ4万3200円。

 電力消費を抑えるSnapdragon Wear 3100を搭載することで、1度の充電でタッチスクリーンを使う状態では約1日、省電力モードでは約3日使用できるという。アルミニウムとナイロン製のケースにシリコンストラップをあわせ、超軽量でスムースな付け心地を実現。ワンタッチで交換可能なストラップを採用した。

 2サイズ展開でFTW6022はケース径41mmで37g、FTW4021はケース径43mmで44g。直販では2018年12月から発売されており、在庫僅少なので、カラーや販売個数は店舗で異なるとのこと。

FTW6022
FTW4021

 Wear OS by Google搭載で、心拍センサー、支払い機能(日本未対応)、GPS、5ATMの防水性能を持つ。ワイヤレス通信はBluetooth経由。スマホはAndroid OS 4.4以上、もしくはiOS 9.3に対応する。

カテゴリートップへ