このページの本文へ

対戦カードは、Kresty対Feminism、iXyNeD対clanHeat White

AVA久々の国際マッチ! 日韓親善試合2019開催

2019年02月25日 19時30分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AVA 日韓親善試合2019」が開催。実況解説はCheryINomeさんとトンピ?さんがつとめた

 2月24日に、ゲームオンが運営するオンラインFPS「Alliance of Valiant Arms(以下、AVA)」の日本のクランと韓国のクランが対戦する「AVA 日韓親善試合2019」を実施した。AVAの国際戦は、「AVAれ祭2016 -横浜の陣-」以来となる。

 日本のクランは、2018年12月に実施された大会の優勝準優勝チームとなる「iXyNeD」「Kresty」が出場。韓国のクランは、老舗の「clanHeat White」と、代表決定戦を勝ち抜いてきた「Feminism」が参戦した。対戦カードは、Kresty対Feminism、iXyNeD対clanHeat Whiteとなった。

本大会の対戦カード
AVA運営プロデューサーの大濱 学士氏も登場。大濱氏は本大会について「ずいぶん国際大会を実施していないので、もう1度国際試合のすごいプレーをみたいですね。勝敗を重点にするのではなく、素晴らしいプレーを楽しむ試合として観てほしいです。今回の大会がうまくいけば、今後もオンラインで国際試合を実施したいと思っています」と語った
大会ルール

一進一退の攻防だが、最後に撃ち勝つ強さを見せたKresty

KrestyFeminism

 第1マップは、Kresty対Feminism。まずはKrestyが攻撃、Feminismが防衛でスタート。Krestyが2本先取したのちに、Feminismが1本取り返す。その後は一進一退の攻防が続き、4対4の同点に。その後はKrestyがストレートで3本奪取し、第1マップはKrestyが制した。

一進一退の攻防が続いた
1マップ目はKrestyが勝利

 第2マップは、第1マップと対照的にFeminismが2本を先取。Feminismが5対5にまで追いつき、さらに5対6と逆転したものの、さらに6対6に。均衡した戦いだったが、最後にKrestyののりしお選手がスナイピングを決め、2マップともKrestyが勝利を収めた。

2マップ目もKrestyが勝利

2戦目も日本チームのiXyNeDが優位な戦いを繰り広げた

iXyNeDclanHeat White

 続いて、iXyNeDとclanHeat Whiteが激突。第1マップは、初動の15秒でiXyNeDが4キルするという波乱の幕開けに。iXyNeDが1本奪取すれば、clanHeat Whiteが取り返すというどちらも1歩も引かない展開が続いた。しかし、4対4から一気にiXyNeDが勝利を収め、7対4でiXyNeDに軍配があがった。

1試合目開始15秒で4キル!
第1マップはiXyNeDが勝利

 第2マップでは、第1マップで4キルされたからかclanHeat Whiteは慎重な試合運びに。しかし、iXyNeDが冷静に対処し、1戦目はiXyNeDが勝利。clanHeat Whiteも素晴らしいプレーをみせるが、iXyNeDが優位に展開させて見事勝利した。

第2マップもiXyNeDが奪取した

 本大会では、韓国チームは、韓国から日本サーバーに接続している分、Pingが高くなることもあり若干不利な状況ではあったが、昨年の大会で優勝、準優勝して自信を付けた日本の2チームがどちらも勝利を奪取した。AVAプレーヤーの人は、いろいろと磨き抜かれた技を観て盗める部分はあったのではないだろうか。大濱プロデューサーが最後に次回も開催したいとコメントしていたので、次回大会も期待して待っていよう。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ