このページの本文へ

充電ケースをワイヤレス充電パッドに置くだけで充電可能

B&O、ワイヤレス充電ケース付き「Beoplay E8 2.0」発表

2019年02月08日 17時15分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バング&オルフセンは2月6日、ワイヤレスイヤフォン「Beoplay E8 2.0」を発表した。発売は2月28日からで、価格は3万8000円。

Beoplay E8 2.0 ブラック

 Beoplay E8 2.0は最高級とうたうレザーを施した充電ケースのファームウェアデザインを改良し、ワイヤレス充電機能を搭載したワイヤレスイヤフォン。左右のイヤーピースには5.7mmのダイナミック型ドライバーと小型電磁型変換器、NFMIテクノロジー、DSP、Bluetooth 4.2を搭載している。AndroidとiOS対応の専用アプリを使うことで、自分の好みにあったトーンを設定できるという。

 Beoplay E8 2.0の再生時間は最大16時間。カラバリはブラック、インディゴブルー、ナチュラル、ライムストーンの4色。

 あわせて、Beoplay E8 2.0に対応したワイヤレス充電パッドも発表。ヘアライン仕上げのアルミニウムと牛革レザーの素材を使ったデザインを採用している。充電ケースをワイヤレス充電パッドに置くだけで充電できるとのこと。ワイヤレス充電パッドのカラバリはBeoplay E8 2.0と同じで、4月に発売予定。

訂正:初出時に発表された発売日が訂正されたので、該当部分を更新しました(2019年2月12日)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン