このページの本文へ

1台限定で販売

バング&オルフセン、現代アーティストとコラボした限定スピーカーが即完売

2020年03月06日 13時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Beoplay A9 Blue Moon」

 バング&オルフセンは3月6日、ワイヤレススピーカー「Beoplay A9」の限定モデル「Beoplay A9 Blue Moon」を発売した。「バング&オルフセン 銀座」の店舗で1台限定、44万円で販売していたが、即日完売となった。

 本モデルは、ニューヨークを拠点に活動する現代アーティストのダニエル・アーシャム氏とコラボしたモデル。スピーカーカバーにブルームーンをイメージしたデザインを施し、ホワイト色のオーク製スタンド脚とアルマイト加工が施されたシルバートーンのアルミニウムリングが採用されている。

 Beoplay A9は、Google Assistantを搭載した円型のワイヤレスホームスピーカー。Chromecast built-in、AirPlay2、およびBluetoothをサポートする。スピーカー上部背後にタッチセンサーを搭載し、スピーカーの音量調整や再生/一時停止などを手のスライドやタップで操作できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン