このページの本文へ

各店舗に設置された二次元コードを読み取ることでLINEによる回答が可能に

LINEリサーチ、外食チェーンを対象とした「来店客調査パッケージ」を提供開始

2019年02月07日 20時15分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは2月7日、同社が運営するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」の新メニューとして、外食チェーンを対象とした「来店客調査パッケージ」の提供開始を発表した。

 LINEリサーチに導入された来店客調査パッケージでは、店内に設置された二次元コードを活用し、LINEを通じたアンケート調査が可能。店舗の各テーブルに二次元コードを表示した卓上POPを設置することで、来店したLINEユーザーが料理を注文したあとの待ち時間を使ってアンケートに回答できるのだという。LINEアプリ内で回答ができるため、通常のアンケートでの回答に負担を感じる人や10~20代の若年層からの回答も得られるとのこと。

 来店客調査パッケージを利用すれば店舗施策における継続的な効果測定はもちろん、来店客との長期的な関係構築も実現できるようになるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン