このページの本文へ

LINEのキャラクターを用いるなど長崎県向けにアレンジ

LINEと長崎教育委員会が情報モラル教育教材「SNS ノート・ながさき」を開発 無償提供へ

2019年02月04日 18時00分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは2月4日、長崎県教育委員会と情報モラル教育教材「SNS ノート・ながさき」を共同開発し、無償で提供した。

 LINEは2012年から青少年の健全なインターネット利用の啓発活動を実施している。この活動から得た経験・知見をもとに、東京都教育委員会と情報モラル教育教材「SNS 東京ノート」の共同開発を実施し、2017年から都内公立学校にて活用されているという。以降、各地の教育委員会と連携し、地域の教育方針や課題などを取り入れて教材開発や調査・研究を続けているとのこと。

 今回共同開発したSNS ノート・ながさきは、SNS 東京ノートの特徴である「ワークショップ形式」「発達段階にあわせたラインナップ」を踏襲しつつ、県内の児童・生徒のスマートフォンやSNSの利用実態データの引用をはじめ、LINEのキャラクターを教材中に用いるなど、長崎県向けにアレンジしたとしている。SNS ノート・ながさきのダウンロード先はこちらから。

カテゴリートップへ

ピックアップ