このページの本文へ

光ファイバー/イコライザーにより4K映像を長距離伝送

4K/60Hz伝送できる最大30mのHDMIケーブル、サンワサプライより

2019年01月29日 17時35分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HDMI光ファイバケーブル(500-HD021シリーズ)」

 サンワサプライは1月28日、最大30mの距離を4K/60Hz伝送できるHDMIケーブル2タイプをサンワダイレクトにて発売した。

 「HDMI光ファイバケーブル(500-HD021シリーズ)」は長距離でも高い通信品質を実現できる光ファイバーを使用したケーブル。HDMI規格バージョン2.0に準拠、HDRや18Gbpsの高速伝送にも対応。一般的なHDMIロングケーブルよりもケーブル直径が細いほか、光ファイバーケーブルよりコネクタ部がコンパクトに収まっている。

 電源は不要。10m/15m/20m/30mの4種が用意され、価格は10mの2万9800円から。

「HDMIケーブル (500-HD020シリーズ)」

 「HDMIケーブル (500-HD020シリーズ)」は4K/60Hz、18Gbpsの転送速度に対応したHDMIバージョン2.0準拠品のロングケーブル。イコライザーを内蔵しているため信号を安定させ長距離伝送が可能。イコライザーの電源は接続機器から給電される。

 10m/15mの2種が用意され、価格は10mの1万9800円から。なお、いずれのケーブルもサンワダイレクトにおいて1月31日まで1000円の割引販売が行なわれている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン