このページの本文へ

Intel「RealSense Depth Camera D435i」

インテルの深度カメラに慣性計測ユニット内蔵の新モデル

2019年01月19日 23時12分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルの深度カメラ(3次元カメラ)に新モデル「Intel RealSense Depth Camera D435i」が登場。ツクモパソコン本店で販売中だ。

「Intel RealSense Depth Camera D435i」

 既存モデル「Intel RealSense Depth Camera D435」に慣性計測ユニット(IMU)を内蔵した新製品。これにより、撮影者が移動中でもより正確な奥行きを測れるようになった。

外観や基本スペックは既存モデルから変わらない

 そのほか基本スペックは変わらず。深度センサ視野角85.2×58×94度(水平×垂直×斜め)。出力解像度(DepthStream)最大1280×720ドット、出力フレームレート(DepthStream)最大90fps、最小深度距離(Min-Z)0.1m、最大レンジ 約10m(較正、背景、照度状況による)、解像度およびフレームレート(RGBセンサー)1920×1080ドット@30fps、RGBセンサ視野角69.4×42.5×77度(水平×垂直×斜め)。

 インターフェースはUSB 3.0 Type-Cで、サイズが90(W)×25(D)×25(H)mm。価格は2万7380円(税抜)となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中